7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い音源引っ張り出してきましたw

2010.10.31

category : オリジナル音源




Flash (Wedding.ver' Instrumental)

Music : 7th-lab
arrange : 7th-lab





Brightness (Wedding.ver' Instrumental)

Music : 7th-lab
arrange : 7th-lab


過去の音源をアップしている場合ではない気がする…。

「早よぉ新曲やらんかいゴルァ」ってな声が聞こえそうですが。
今回は、かなり昔の音源を掘り起こして編集を試みました。
どのくらい古いか… DAWソフトがSSW7.0だし、音源がVSC88オンリーだし、何よりまだ7th-lab を名乗ってませんでしたねぇ(苦笑)。

実はこの2曲のインスト曲は、このブログでもお世話になっている、ケーナ奏者の村さんの娘さんの結婚披露宴のために書き下ろした2曲なのですw 。

「Flash」は、恋愛感情をついに認識する瞬間の揺れる思いを。

「Brightness」は、ここまで辿り着いた二人が、力強く歩き始める様子を。

それぞれの曲を、最初の入場とお色直しのときだったかな? に使ってもらって。
会場で実際に生演奏をさせてもらいましたねぇ。イイ思い出だ。
お酒が入ってちゃんとギターが弾けなかったのと、エフェクトが上手く乗らなくてリードがキレイに聴こえなかったというオチがありますが(苦笑)。
嫁いだ娘さんも、おなかに2人目の子供がスクスクと成長中とのこと。

その後、村さんとは色々な場面でコラボさせてもらってます。
思えばコレがきっかけだったんですね。ん~音楽ってスバラシイ! 。

こちら から村さんのケーナの世界へど~ぞぉw 。
スポンサーサイト

comment(3)  trackback(0)

MTB Presents「光の天使」

2010.10.31

category : 仲間の作品紹介



Played / AKAI EWI4000s



Played / YAMAHA WX5 Links VL-70m



Played / Electric Guitar


光の天使 (Instrumental)

Music : Hiro.MTB
arrange : Hiro.MTB

珠玉のメロディメーカー、MTB御大の作品です。掲載許可まことに感謝っすw 。
噛めば噛むほど味が出る、耳にじんわり滲みるMTB節ってヤツです。

オリジナルは、YAMAHA WX5による演奏。
その後、AKAI EWI4000s を入手したMTB御大、早速のリードプレイ。来たキタきたぁw 。
メロディの音圧が、アレンジを引き締めたいい例ですな。疾走感が増した。スリリング。

7th-lab によるギターのバージョンもおまけでアップ。
1曲を3バージョンでの大サービス。ぜひ聴き比べてみてくださいね。

こちらで Hiro.MTB の繊細なメロディを体験してみて。


comment(1)  trackback(0)

Making of 「Show me your smile ~オヤジに捧げる唄」

2010.10.29

category : 仲間の作品紹介

ゆうやけ


オヤジ おふくろと比べると ちっとも親父らしくなかったね
オヤジ 妹と比べると おれだって息子らしくなかったけどね

呑めない酒に呑まれて溺れて管巻いて 辺り構わず喚き散らして
だけど そのワリ誰にもあんまり嫌われなかったね おかしなモンだね

オヤジ 落ち着いて考えたら一度も殴られたことがない
オヤジ ひとつだけ思い出した おふくろには一度だけ殴られた

小さい背中 細い腕 小さな掌 チカラいっぱい振りかぶって
なぜか痛くもないのに涙がジンワリ出てきたりして おかしなモンだね

酒の味も 女遊びも 社会の厳しさもやっと覚えて
大人になったおれをあんまり知らずに 慌てて逝ったね

Please show me your smile もしできることならもう一度だけ
Please show me your smile もし許されるなら その笑顔を見せて

オヤジ 少し雨が降ってるよ おふくろが横でうたた寝しているよ
オヤジ 晴れ上がった青い空だよ 妹が花壇に水をやってるよ

殺人事件も交通事故も政治の話も 海の向こうの戦争のニュースも
横で小さく咳き込むおふくろの方がずっと心配さ おかしなモンだね

オヤジ オヤジの好きだったニュースキャスターが亡くなったってテレビで言ってるよ
オヤジ 白髪頭も上目遣いも何だか似てるよ そっちで会えるとイイのにな

おいてきぼりで悲しいけれどおれたちは もう少しここで頑張って生きてみるよ
どうせ近くに隠れてニヤニヤ笑って覗いてんだろ? おかしなモンだね

雨が降る日も 風の吹く日も こうして傘に隠れてこらえていれば
いつか必ず 明るい太陽が 降り注ぐことを教わった あなたに

Please show me your smile もしできることならもう一度だけ
Please show me your smile もし許されるなら その笑顔を見せて


「 Show me your smile ~オヤジに捧げる唄 」

lyrics : 7th-lab
Illutration : DSI


こうして改めて歌詞をご紹介するのは、かなり照れます。
でも、ついこの前まで「この歌詞を唄うことは一生できない」そう思っていました。

音楽の神様がいるのか、それとも3日前に亡くなったオヤジなのか。
それは誰にもわからない。ただ、誰かがこの唄を与えてくれた。
たった15分くらいで、アタマの中には、この曲の完成型があった。
そう 誰かが与えてくれたとしか思えない。オヤジを失った代わりに。

アレンジを具現化して、唄を整理して、録音して、編集。
作業中、ずっと泣き通した。ボーカルの録音も、何度となく止まった。

過去にも、何とか形にしようと挑戦し、その度に涙に邪魔をされ断念。
だから、ついこの前まで「この歌詞を唄うことは一生できない」そう本気で思っていました。

でもできた。
Hiro.MTB や DSI そして大切な多くのヒトが背中を押してくれた。
おふくろや妹、そして親族たちが、三回忌の席で、この曲の完成を喜んでくれた。

3年もかかったのに。
そう、3年もかかったのに。

そしてすばらしい夕焼けのジャケットデザイン。DSIによる最高の演出。
ミュージシャン冥利って、こういうことなんだな。きっと。

comment(1)  trackback(0)

皆さんアクセスあざ~すw

2010.10.29

category : ひとりごと

DAWソフト" Cubase "の解説をブログ形式で展開する、MOMO DONさん。

7th-lab と同様、DAWプラスGuitarという環境で活動されています。

昨夜早速ブログご紹介させていただきました。
近々中に機材解説の記事をいくつか上げさせてもらいます。それぞれの音源になぞって使用機材を解説していこうかな、と思っているので、合わせて音源も聴いてみてください。
マスタリングでダメ出し食らいそうで怖いな(苦笑)お手柔らかに~。




ケーナ奏者の村さんのブログでお知り合いになった、SHYOさん。

ケーナ演奏だけでなく、オリジナルで小説を書いてアップされています。

こちらのブログは、リンク中の村さんのブログ「自由の空に」から飛んで行くことができますね。
7th-lab や Hiro.MTB 、村さん等、多くの皆さんの活動、楽しんでもらえました?。
「雪しぐれ」以外にもお気に入りの音源はなかったですか(笑)?。ゆっくり聴いてみてね。



記事でお礼って、気に入ってるんですハイw 。

comment(0)  trackback(0)

技術情報、って言うのかな?

2010.10.28

category : ひとりごと

今夜の更新は専門知識。
DAW または DTM に関連のない訪問者の皆様、今夜はごめんちゃい。

7th-lab は、音楽制作に Mac で Logic Pro を稼働。
使い始めてまだ1年に足りないという、ビギナーレベルですが、それでも当ブログに掲載した音源はほとんどその Logic Pro を中核としたシステムで制作されてます。

以前からMIDIを多用する打ち込み音楽を長くやっていました。
そのせいで、どうしてもステップ入力の使い勝手にこだわる必要性があってね。
特に「シンガーソングライター」シリーズで、様々なVstiをドライブしていました。

精通されている方ならわかる。
「シンガーソングライター」で多くのVstiってシステム、自殺行為なんです。実は。
しょっちゅう固まる。これはきっと、PCのスペックの問題じゃなく、ソフトウェアの問題かと。
(と、言いつつ、最新のSSW9,0にはかなり期待している7th-labですが)

上記のような理由で、システムの大幅な変更を余儀なくされる事態に。

自分なりにつぶさな調査を重ね「いっそのことMacどーよ?」って。
まぁ、近くにLogicのヘビーユーザーがいたというのも一因ですがね。

かなり洗練されてまっせ Logic Pro

そんな訳でかなり満足度の高い新システムから、当ブログにアップさせてもらっている音源の数々が生まれた訳です。

だがしか~し 最近、見つけてしまった

http://momodons.blog96.fc2.com/
 ↑
MOMO DON さんという、DAW音楽制作者の方のブログ。ぜひ訪問されてください。

Cubase という、windowsベースのチョー有名DAWソフトについて、めっちゃ詳しく解説してあります。
これは参考になる。勉強になるで。
MOMO DONさんのブログを見ると、Cubase でもMIDIやステップ入力がかなり快適に扱えることがわかります。実は意外とソコがミソ。

先にブログ拝見してたら、Cubase使ってたかも知れなぃや(苦笑)。
Cubaseって、オーディオ扱うヒト用のソフトって印象があったから。

特にビギナーのCubaseユーザーの方、そしてDAW、DTMやってる方、それから自分の音源を作りたいギタリストの方にも必見。マジでCubaseや音楽制作のイロハがわかります。


最後に、ブログのリンク若しくは記事掲載を許可いただき感謝です。
MOMO DONさんありがとぉw

近々、MOMO DONさんのリクエストによりまして、7th-labの使用機材の特集記事、やってみたいと思います。乞うご期待。

comment(1)  trackback(0)

秋の風景 DSIロケハン道中

2010.10.27

category : 仲間の作品紹介

イラスト作品を提供してもらってる、イラストレイターDSI 。
次回作のロケハンで撮影した、爽やかな秋の風景を送ってくれました。
なんだか話によると、300km くらい走ったんじゃないのかい?。おつかれさまw 。

まず1枚目。風力発電用の風車と秋の空。
こういう空を描かせると上手いんだよねぇ。

いいコントラストの写真。写真集でもイケるんじゃないのか? 。

風車

そして2枚目。写真を見ている方はわかるのかな、この風景。
沈下橋っていうんですコレ。
何のためにこういう橋が必要なのかはわかんない(苦笑)。でも、増水時には水面下に隠れてしまう橋なのです。

流れる川は、日本最後の清流、四万十川の支流。
美しく、まだ川の資源も自然も豊富ですw 。水面の美しさが際立ってんなぁ。

沈下橋

こちらは屋根橋。
三島神社という神社の施設。ヒトがつくった造形美と風情が同居。

イイ感じの遠近感は、きっと光の処理じゃないかなぁ。
空気が澄んで見えるのは気のせい? でも、この場所は最高の森林浴の場ですな。

屋根橋


さて。
DSIっち、ここからどんな作品を描いて見せてくれるのかな。

最高に楽しみだねぇ。

写真見ると、充実したロケハンだったって伝わってくる。ありがとDSIっち。
みなさんもお楽しみくださいw 。

comment(0)  trackback(0)

日本列島は冬へまっしぐら

2010.10.26

category : ひとりごと

イラストレイターの DSIっちから幾日かぶりにメールあり。
秋深まる街でロケハンの予定とのこと。

てめー何かたくらんでんなw?


7th-lab にあっても、ちょっと仕事が溜まってきました。
インターネットラジオ「土佐泥酔党」の 7th-lab特集の放送分も編集がまだ。
Hiro.MTB御大からのギターテイクの作成依頼分も録音がまだ。

やらねばならぬと自らを奮い立たせてはいるのだが

しかし寒いぢゃねぇか、をいっ

なんだか異常だよ。
こないだまであんなに暑かったのに。


そりゃーいつまでも " 熱い夏 " のまんまじゃいねーだろうけど。
それにしても、寒くなるの急激すぎやしませんか?。

先日からの " やや風邪気味状態 " 継続中(或いは確立変動中)。
こんな気候が続くと、やはり朝の起き抜けがキツい。

せめてもう少し覚悟ができるまで冬よ、待ってくれないか?



え? 台風が近づいてんの? マヂで? 冬へまっしぐらじゃねぇの?
今夜はこんなオチかいな… 変に疲れるなぁ(苦笑)。

comment(0)  trackback(0)

ご協力誠に感謝でアル。

2010.10.25

category : ひとりごと

インターネットラジオ「土佐泥酔党」絶賛配信中の Banjoさん。
7月に、放送におじゃまして、7th-lab の楽曲を紹介してもらったりした。

実は、その放送分の音源もらってて、今回その音源の一部をブログに上げる許可をくれたよ。
編集作業にかかります。皆さん、乞うご期待ってコトでw 。


最近よく一緒に活動している、ケーナ奏者の 村さん。
コメントもらったけど… 拍手コメなので、皆さんに紹介でけまへん(苦)。

村さん、今度おいでていただいたときにゃ、コメント欄からたのんますわ(爆笑)。
会縁隊 with 7th-lab 、路上もだけど、レコーディングも、盛り上げていきませぅw 。



本人の知らんトコで意外と盛り上がってんなぁw

comment(0)  trackback(0)

New Equipment がやってきた!

2010.10.24

category : ひとりごと

http://www.akai-pro.jp/ewi4ks.php
 ↑
AKAI Profesional EWI4000s メーカーサイト


いつも珠玉の旋律を提供してくれるメロディメーカー、Hiro.MTB御大。
いつもは、YAMAHA の WXシリーズを駆使して音源制作に励まれています。

が、土曜日の夜届いたメールから若干様子が違っていました。


何かが起こる。


そう予想して日曜日を過ごしました。
そして先ほど連絡が。

『EWI4000s 買った。難しい!』

おぉ! ついにMTB御大に新しい武器が(祝)。

同じウィンドシンセというカテゴリーで語られるWXシリーズとEWIシリーズ。
しかし、ずいぶんその機構と吹奏感が異なるのは、事前に情報としてありました。
御大をもってしても鍛錬が必要とは… その実力やいかに! 。

御大、New Equipment を手なずける日は近い。そう信じて待ってまっせw 。

でも実は「ちょっと欲しいなぁ」と思っちゃった。

comment(1)  trackback(0)

セ・リーグ クライマックスシリーズ、決着。

2010.10.23

category : ひとりごと

いま、試合が終わったとこ。



巨人負けちゃった。


巨人負けちゃった。


巨人負けちゃった。


今シーズンの野球はもう終わりです。
せめてパ・リーグにソフトバンクが残っていてくれたら… 。

TBSの安住アナに
「胸くそ悪くてチャンネルを換えたジャイアンツファンの皆さんこんばんは」って

うるっせ~わ(怒)


コメントくれた皆さん、今夜は素直にお礼をする気分になれません。
また改めてお礼します。ごめんね。

comment(0)  trackback(0)

「燕になりたい」ソロギターで弾いてみた 

2010.10.22

category : ひとりごと




燕になりたい

Music : unknown
arrange : 7th-lab


どうしてもこの曲を何かの形で演奏したかったんです。
久しぶりに涙腺を直接刺激する程の美しいメロディと出会ったから。

小難しくせずに、美しいまま。
多くのギタリストにこの曲を弾いてほしい。そんな思いでアレンジしました。

原曲はどうやらEmらしいですが、ケーナ奏者の村さんとのコラボの都合でAmでの演奏です。

comment(1)  trackback(0)

久しぶりに握ると硬いっ

2010.10.22

category : ひとりごと

タイトルを読んで良からぬ反応をされた方反省してください。
ギターのハナシっす。


友人のモーリスのアコギを弾いてみた。


やたら硬いっす。
最近エレキばかりで、どうやら指がサボっていたらしいっす。


元々握力がある方でもなく、かといって正確に押さえられる方でもなく。
(あ、正確にフレットの直前を押さえられるヒトは、握力要らないんですよ ギターって。)

そういえば所有しているアコギはガットギター。
まともなスチール弦のアコギって、真剣に触ったことなかった。最近。
(村さんとの路上コラボで弾いているアコギ、あれはミニギターなのです。念のため。)

アコギでちゃんと演奏できるようになるのかなぁ。
ちょっと不安を覚えるくらい
何もかもがやたら硬いっす。


ちょっと不安を覚えたトコでひとこと。

村さんアコギ買ってぇ~www

comment(1)  trackback(0)

相変わらず他愛無いっす

2010.10.21

category : ひとりごと

気持ち風邪気味。

DSIっち、全部の作品にコメントつけてくれてさんきゅです。
MTB御大も、コメントあざーすw 。

しつこいようだが、気持ち風邪気味。
というか、睡眠不足もあるのかも知れない。

気持ちが充実しているうちにアレもコレもやりたいんだが。
残念なことに、迷わず薬のお世話になるほどの症状が出た。
弾きたい曲があるのに、ギターの練習もそこそこである。

あー年齢はとりたくないねぇ(苦笑)。どーせあらふぉーまっしぐらグラ。


ところで、先日「白い雲、遥か ~四輪駆動の悲恋」の歌詞をご紹介しました。
それを見たとあるブロガー曰く


「他の曲の歌詞は掲載せーへんの?」


どーしようかなぁ、と思っています。
ご訪問の皆さん、どぞご意見をよろしゅーw 。

comment(1)  trackback(0)

過去の自分との対面

2010.10.20

category : ひとりごと

以前仲のよかった友達と、偶然出会った。

正直、彼には過去にひどく迷惑をかけた経緯があるせいで、非常に気まずかった。
親友と呼べるほど親しくしていた。だから余計に気まずかった。
逆に、いつか顔を合わせる日が来るって、覚悟もしてたんだ。

でも彼は、にこやかに「久しぶりだねぇ、太ったでしょ?」と、気さくに話しかけてくれた。


その瞬間思った。
 あぁ、許されたんだ と。

実に勝手な、本当に一方的で独りよがりな思い入れだけど。
 あぁ、許されたんだ と


「彼は許されたと思っていいのですか?」

大好きな唄の歌詞に、こんな部分がある。本当に許されたのだろうか。
でもそんなことはどうでもいぃや。
今は、許してくれたかどうかを、許してくれるかどうかを、直接彼に聞くことができるんだから。

携帯電話のメモリーに刻まれた彼の電話番号は、夢じゃない。





comment(0)  trackback(0)

7th-lab のことをたまには書こうw

2010.10.19

category : ひとりごと

どちらかというと、7th-lab は機材オタクである。

いや、完全に、7th-lab は機材オタクである。


ってか、小さい頃から機械に囲まれた生活が落ち着くような人物である。
それが、音楽にまつわる機材か否かを問わず、機械が好きなのである。

機械 と 音楽
とてもじゃないが深く関わりのないであろうと思われる2つの要素。
でも実は、この2つの要素は非常に深く関連しているのである。

いたいけな中学校3年生であった 7th-lab は当時、MSXと呼ばれる規格のパソコンで音楽をやっていた。

テレビにMSXのパソコンをつないで、五線紙をテレビに表示して、そこにひとつひとつ音符を貼り付ける。
するとあら不思議、パソコンができあがった楽譜通りに、音を奏でてくれるのである。
現在で言うところの「DTM」とか「DAW」とかの走りである。

当時は最先端だった。
たった8音しか入力できない、今考えたらただのオモチャでしかないのに。
当時は最先端だったんだよ。
そんなケータイの着信音つくるよりもはるかにちゃっちぃ機械がw 。

なぜ、友達たちがバンドブームに乗っかって音楽をワイワイやっている中で。少年はひとり孤独な道を選んだのか。

トモダチが少なかったからである。

単純でしょ?。
何もかも、一人で完結する音楽だから、友達なんて要らなかったさ(苦笑)。

おぉっとハナシが逸れている(猛爆)。

その頃の経験が、現在の 7th-lab の音楽制作の原点になってんです。
MIDIだって、カセットテープのマルチトラック録音だって、今の宅録に必要な知識は、ぜーんぶその頃学んだモンなんです。
デモテープもけっこう作った。現在じゃ聴くに耐えん代物だろう。
古い知り合いの間では大切にされているかも知れんし、とっくにそんなモンは存在しないかも知れんけど、記憶とか経験とか呼ばれる言葉に化けて、ちゃーんと 7th-lab の中に潜んでいるのです。

そんな風に過去を紐解いていくと
機械に頼るしかねーぢゃねぇかw

そんなこんなでもう25年。
ほぼ一人で音楽制作をやっています。

一時期は、自室がTMネットワーク時代の小室哲哉氏のステージセットのような状況になったこともあります。
機材が増えすぎて(それはそれで気に入っていたw)。

現在は、小さなラックに納まった十数本のアウトボードと、何本かのMicと、HDR。
そして必殺の Macbook Pro だけ。

たったそんだけで音楽ができてしまう。楽曲ができてしまう。CDができてしまう。
すごい時代になったモンです。

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。