7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天候に翻弄された近況

2011.05.30

category : ひとりごと

若干のご無沙汰でございました。

台風等が原因した荒天によって、働くオトコと化していた 7th-lab ですw 。
皆さまのお住いの周辺には被害がなかったでしょうか? 。
おかげさまで我が周囲はそう大した事態には至らず、ホッとしているところ。
沖縄周辺の一部の地域で被害に遭われた地域があるとか。お見舞い申し上げます。
ともあれ、東日本の被災地での荒天は引き続き心配ですね。

しかしまぁ、思った。 雨合羽ってクサイのね(猛爆) 。


さて、若干のご無沙汰の間に、周囲では動きがある模様。
ウィンドシンセプレイヤーにして、珠玉のメロディメーカーであるHiro.MTB
彼からも新音源の経過が複数曲届いています。
皆さんに音源やライブでお届けできるのはいつ頃でしょうか。乞うご期待っ 。

そして、デザイナーとしての活動が加速度を増しているPsychicBaby
洩れ聞き及ぶところによると、彼のギターからも新しい息吹が??? 。
いやーいったいいつ睡眠時間摂ってんだか(苦笑)。こちらにも要check it out!! 。

さらには、インターネットラジオ「土佐泥酔党」でおなじみのDJ Banjo
先日、番組のテーマである「Banjo Ragtime」を 7th-lab がリアレンジして納品したんですがね。
それを元に、歌入れ等の作業を自身でされている模様(今朝 5/30 の午前8時前にTel…神出鬼没)。
こちらも面白いコトになるのかも知れません。

いやーけっこうけっこう 。
各自勝手に頑張ってくれたまへ(猛爆) 。

などとは言っていられません。ぶっちゃけ完全に乗り遅れていますね。
このまま放置すると、Logic の使い方を忘れてしまいそう。ヤバいヤバいw 。
徐々に加速度を上げながら、活動再開といきましょう。がんばろっと。

スポンサーサイト

comment(1)  trackback(0)

フリーの音ネタサイトをご紹介

2011.05.25

category : ひとりごと

うわぁもうこんな時間だ(苦)。

音ネタをフリーダウンロードできるサイトをいくつか見つけました。
大量にあるので、サウンドを個々にチェックすんの大変だわ。

DAW で音楽制作をされている方にとっては、もう当然の情報かもだけど。
もし皆さんの参考になればと思って掲載してみます。
リンク許可とかお願いしようにも海外サイトで、最近更新もされてないみたいねぇ。
とりあえずサイト内にはフリーユースの旨が明文化された部分がありますが(確認済)。

まぁとりあえず今回は、フリーでDLできるサイトに限定してご紹介。


http://ccmixter.org/view/media/samples/browse
  ↑
「ccMixter」
英語圏のサイトなのでもちろん英語表記ですが、きっと大丈夫。
カテゴリー別に整理されていて、.zip でデータがDLできます。

http://www.grsites.com/archive/sounds/
  ↑
「Absolute sound effects archive」
こちらも英語表記のサイト。主に生活音や自然音等のアンビエンスを掲載。
とにかく大量w チェックするのにも大変だけど、チェックするだけでも「ププっ」ってなる。

http://www.flashkit.com/loops/
  ↑
「Flash kit」
最後も英語圏からのサイトです。サウンドチェックが簡単。
ココもかなり大量に掲載されてます。主にフレーズループで、そのまま楽曲になりそうなモノも。


こういうサイトをチェックしていると、制作意欲を刺激されますね。
.wav だけでなく他のデータ形式の音ネタもありますが、全く使えないようなモノはなさそう。
音楽制作だけじゃなく、動画や演劇の効果音にも使えそうです。
興味のある方はぜひ活用されてはいかがでしょうか。

comment(0)  trackback(0)

作品のひとり歩き

2011.05.23

category : ひとりごと

昨夜の制作作業で生まれた2つの音源、もう活躍してますねw 。

「Signal」は、YouTube を介してリリース。
作詞をしてくれた LRyow-ko のブログ「天空への滑走路」にアップされています。
当ブログ上の 7th-lab のセルフカヴァー版と聴き比べると面白いかもw 。

「Banjo Ragtime」は、インターネットラジオ「土佐泥酔党」で先ほどオンエアされました。
残念ながら、7th-lab がヴォーカルを担当したプリプロのままの状態でした(苦笑)。
Banjo さん、自分の唄のレコーディングが仕上がるまで待てなかったようですね。

様々な媒体にオリジナル音源が使用されるのには慣れてんだけど。
でも、7th-lab名義 で制作した音源が流れると、思い入れがちょっと違って嬉しかったり。

どうしても 商品 として送り出した音源には、ここまでの思い入れはないなぁ。
もちろんTVとかから流れて来ると、同じように嬉しいんですけどね。
自分の好きなように使えるモノではなくなってしまう(契約上クライアントのものになる)からかなぁ。
だから、いろんな意味で「完全に作品をクライアントに渡してしまう」場合は、7th-lab を名乗らない。

まぁ、7th-lab の名義を使用するはるかに以前から音源提供をしてたから、ってのもありますが。

自分の中でも、ちょっとおかしな区分と、ちょっと不自然な葛藤が生じてたり(苦笑)。
だからといって、制作の作業に注ぎ込む意識や情熱は変わらない。
それゆえに、なおさら「おかしな感じ」になるんでしょうか。

でも、やっぱり自分の音源が様々な環境で使用されるのは、何だかんだ言いつつ嬉しいモンですw 。

comment(0)  trackback(0)

制作作業中のヒトコマ

2011.05.22

category : ひとりごと

MTB御大、毎度でございます。

昨今は音楽活動が若干「地味な側」へ向いておりまして(苦笑)。
ちなみに「派手な側」ってのは、やっぱライブ等なのでしょうか。
どうしても制作や録音、マスタリング等の作業は、陰湿な雰囲気になりますな。
最近天候もイマイチ不順でジメッとしたムードになりがち。イカンイカン。

ちなみに、オーディオインターフェースのUA-3FX。
入力が2系統あります。MIC/Gt の入力と、ライン入力(ステレオ可)と。
で、写真のデッカいダイヤルはアウトプットレベルです。スライダーはインプットですな。

7th-lab は、ねとらじ放送配信にしか使用しませんので、逆に UA-1 でも充分。
何ならとっかえっこしませぅか? その方が活かしてもらえる気がしますね。


さて 本日は久しぶりに音楽活動の様子を。

2曲の作業が完了となりそうです。

1曲は、インターネットラジオ「土佐泥酔党」でおなじみの Banjo さんからの依頼。
番組のテーマ曲「Banjo Ragtime」のプリプロが終了しました。
当の依頼主に連絡がとれない(きっと泥酔中w)ので何とも… 。
まぁ、近日中に番組本編でお耳にかかることでしょう。

もう1曲は、LRyow-ko に作詞を手がけてもらった「Signal」
意外にも、ヴォーカルが LRyow-ko の音源(つまり本来の音源)がなかったんです。
で、LRyow-ko本人が、最近開設した自己のブログにアップしたいとのことで。

現在レコーディング開始直前!! 。
作業開始前の集中した時間、ちょっと緊張感が漂っております(嘘)。


それでは、作業再開ということで。頑張りまぁすw 。

comment(1)  trackback(0)

ね、ネコ…?

2011.05.22

category : ひとりごと

マジごめん。
このテの画像に引っかかるとは(苦笑)。

見た瞬間に 「ププっ」 って噴いてしまった。

nya

自分でも何だか「どうかしてるなぁ」と思う今日この頃。
気を取り直して、明日からまた音楽に精進致します。

comment(0)  trackback(0)

キャンパスライフ

2011.05.21

category : ひとりごと

本日は、7th-lab の音楽制作スタジオにお客さんを招いていました。

我々の地元で活躍中の3ピースロックバンド キャンパスライフ 。
その Vo./G にしてリーダーの、通称「BOSS」が来訪。音楽談義に花を咲かせました。

「キャンパスライフ」は、活動開始から4年目を迎えた3ピースロックバンド。
地元のアマチュアミュージシャンが集まるライブなどで、その骨太なサウンドを武器に活躍中。
先日は、ローカルテレビの音楽番組に出演、どアップで "抜かれて" ましたよ(爆笑)。

BOSS とは、本当にひょんなことから知り合いました。
お互いに、地元で音楽に携わっているなんて思いもしなかったのに。
たまたま、世間話の中で音楽の話をして、お互いがミュージシャンであることが判明。
で、「一度遊びに来い」ってなことになったんです。

今日はほんの2時間程度の訪問でしたが、ギターセッションや音楽談義に講じて。
そんな中で「レコーディング機材を手に入れて音源を作りたい」ってな話題。
一刻も早くレコーダー等の機材を入手したいってなコトで。
近い将来、彼らのストレートで骨太なサウンドがCDでお目見えするかも知れませんね。

ギターセッションの様子も動画で撮影しときゃよかったね(苦笑)。

ちなみに、彼らの以前の音源を預かりました。
近日中に「Voices from Seventh Laboratory」で特集してご紹介~ 。

BOSS本人は「放送に耐え得るっすかね~」とか気の小さいことをw 。
いやいや、実に良いカンジのロックです。BOSSのヴォーカルにも注目w 。

放送告知はこのブログで行います。乞うご期待っ 。

comment(0)  trackback(0)

おーでぃおいんたぁふぇいすっ

2011.05.18

category : ひとりごと

3FX

普段からDAWを駆使して音楽制作をしているんですが
USBオーディオインターフェース って使わないんです。

現在も、直接 Logic にオーディオを録音することは皆無。
HDRの方に録音して、そのHDRから .wav を取り出して貼付けています。
ドライもウェットも変わりなくそうしています。

そして、これから先もきっとその環境は変わらないと思うんだなぁコレがw 。

でも今夜はあえて UA-3FXをセッティング してみました。

実は,レコーディングのためじゃなく ねとらじ放送配信 のためだったり(爆笑)。
怒られますな。周辺のDTM・DAW作業者の皆さんに。

実は写真の本体ももらいもの。
ねとらじ配信を始めてから、そのためにもらったモノでして。
さらに、なくても放送配信はできたという。

でも、今後マイクを複数使っての放送とか、放送中の弾き語り等もやろうかな、と。
で、ミキサーなんかで多チャンネルを使える環境にしてみようかな~などと。

とりあえず接続&設定は完了。
若干レベルは低く感じますが、入力レベルを上げても支障はなさそう。
ゲストを呼んでの放送ができたり、トークと音楽の間のイヤ~な無音時間を消したり。
様々な効果がありそうです。

このシステムでの初放送配信、スケジュール決まったら当ブログでお知らせします。
どぞこれからも 7th-lab の活動、よろしくお願いしますねwww 。

comment(1)  trackback(0)

満月が見えた  満月が見ていた

2011.05.17

category : ひとりごと

真南よりやや東に傾いた方向に、見事な満月 。
久しぶりにあんなでっかい満月にお目にかかりましたね。

それだけで、何だか普段と違う「得した気分」だったりして(笑)。

そういえば今夜はギターに一度も触ってないなぁ。
いくつか曲のイメージが固まりつつある状態でギター弾き始めると
体裁が整うまで弾くのを止めない から困る(爆笑)。

そんな訳で、今夜は久しぶりにギターに触らずに就寝することにしようかな。


ニュースでは、今夜も様々な出来事が報道されている。
惑わされず、焦らず、しっかり足を地に着けて、しっかり自分のアタマで判断して過ごそう。
そうやって、何となく日々を過ごしてもったいない思いをすることのないようにしよう。

月は、満ちても欠けても地球のそばにいるんだから。
「満ちた」「欠けた」のような見てくれではなく、「地球のそばにいる」という事実を大切にしよう。

comment(0)  trackback(0)

おニューのウエストバック

2011.05.16

category : ひとりごと

LRyow-ko さん毎度。
ブログ開設おめでたぅ。
ってか、やっと開設したか、という感覚。遅いわいゴルァ(爆笑)。

次は新しい歌詞の提供、ぜひたのみますよ。
と言いつつ、7th-lab の手元には、アレンジ待ちの楽曲やマスタリング待ちの音源が山積み。
いずれにしても、楽しみに待っている皆さんがいますので、ヨロシクお願いしますw 。


MTB御大、さっそくチェック感謝。

アナログプレーヤーの横には、DJミキサーとサンプラーのツマミ。
実はそっちの意味でもこのデザインを採用したのです(猛爆)。
実際DJとしての経験は皆無なんですが、トランスやダブやテクノの音源が何曲かあるので、7th-lab のスタンスやジャンルをDJ的に括っているリスナーも多くいらっしゃるのかも知れません。

でも、最後はやっぱりジャズとクラシックに回帰していくのだなぁ、と。
音楽の原点というのは、そこにあるのかも知れません、作家としてもプレイヤーとしても。

ときに、「顔」 御大もこの際ブログデビュー、いかがっすか? 。
きっとファンの方もグッとくるんじゃないかなぁ。才能を活かさないテはないぜ! 。


さて 昨日は、日曜日を利用してお買い物に。
ウエストバックを入手。今回のモノは長く使えそう。

7th-lab の「ウエストバックへのこだわり」は、ずいぶん歴史があって。
「荷物持ったままギター弾ける」 からいいんだよね。

今回のモノは実は4つめ。様々なサイズやデザインを試しましたが、満足できず。
今までなかなか良いモノがなく、3つめまでは半ば無理矢理使っていたりしたのです。
小さかったり大きすぎたり、デザインやベルト部分の使い勝手がイマイチだったり。
(自宅スタジオには、なんと「Porter」のウエストバックがホコリをかぶってます もったいない)

今回のモノは、デザインよりも機能性重視で。
ケータイと iPhone の2台持ちの 7th-lab も、コレなら容量に満足。

これで Androidスマートフォン 導入してもヨシ! 。
(「そっちかよ!?」 ってな声が聴こえそうや)


ちょっとだけ物欲が満足した 7th-lab ですw 。

comment(0)  trackback(0)

気分一新、心機一転w

2011.05.15

category : ひとりごと

ちょっと思うところあって、ブログのデザインを変更。
ちょっと眼に優しくないかなぁ… とか思いつつ採用したデザインはいかが? 。

昨夜遅くなってから、LRyow-ko から連絡アリ。
ついにブログを開設されたそうで。ちょっと遅かったんぢゃねぇの(笑)? 。
とはいえ、どのような言葉が紡がれてゆくのか楽しみにしています。

早速リンクしてあります。みなさんもぜひご訪問くださいw 。
作詞の方も積極的にお願いしたいものだと思う今日この頃。「Signal」の次作は如何に? 。

comment(2)  trackback(0)

偉大なるギタリストが逝った

2011.05.14

category : ひとりごと

ファンクやソウル・ミュージックを聴いているとよく耳にします。
シングル・ノートのカッティング。
アンサンブルに小気味いいグルーブを与え、思わず踊りたくなるような。

決して主張せず、でもアレンジには、なくてはならないプレイを繰り出す。
そんな偉大なセッションマンが、また一人天に召されました。

コーネル・デュプリーさんが、8日逝去。68歳だったそうです。

「スタッフ」のギタリストとして大活躍しました。
フュージョン・バンドとしての地位を確立し、多くのジャズ・フェスに参加。
でも、ありがちな「技巧派フュージョン」とは違う、本当に単純なアンサンブル。
しかしそこには、他のバンドにはない、極上のグルーブが息づいていたんです。

それらと同時に、本当にたくさんのセッションやレコーディングに参加。
思い起こせば、鬼才ジミ・ヘンドリックスとともに「The Kingpins」に参加した際も、ジミヘンの派手でパンチの強いプレイのバックで、地味だけど渋い、正にいぶし銀のバッキングを披露。

彼のことを「テレキャスの名手」と表現する方も多いです。
シングルノートのカッティングも、フェンダー・テレキャスターからでした。

7th-lab は、日本が誇る「YAMAHA」のギター「Pacifica」シリーズを思い出します。

彼がリーダー作「Coast to Coast」で使ったテレキャスタイプのギター。
それは紛れもなく、YAMAHA Pacifica のコーネル・デュプリー・シグネチュアーモデルでした。
YAMAHAのギターで、グラミーにノミネートされるようなすばらしい音源を遺したんです。
そして、彼が「スポットライトを浴びた」のも、この作品だけだった気がします。

本当に縁の下の力持ち、主張することなくサウンドの根底をさりげなく支える
そんな表現がピッタリのギタリストでした。
さりげなさ過ぎて、普段は気にも留めないけれど、実はめちゃめちゃカッコイイ。

もう、そんな彼のプレイをライブで聴くことはできません。
こんなに寂しいことはない。


心からご冥福をお祈りします。

comment(2)  trackback(0)

昨夜「Voices~」オンエアしました

2011.05.13

category : ひとりごと

まゆさんコメントさんきゅですw 。

「リーフレット」が地元のクリエイターたちの情報発信基地になったり(笑)。
そんな風になるとめちゃめちゃ楽しそう。

写真は「ブログに記事掲載ありき」で撮影したので、必要なイメージを片っ端から。
でも「料理を撮る」というイメージはなかった。男性と女性の差でしょうか? 。
確かに、店内の生花とか、写真に切り取ると良いショットになりそうな場面が豊富にある場所。
次回は北村さんの立ち姿が登場…なんてーのはどぉですか? 。

昨夜の「Voices from Seventh Laboratory」どうでしたか? 。
次回の放送も、事前に当ブログで告知します。どぞよろしくw 。


MTB御大、毎度でんがな。

トランスミッター、いいですね。夢のワイヤレスシステムw 。
でも、ギターがワイヤレスになる前に、マイクをワイヤレス化希望(爆笑)。
最近ずっとそれを考えてますねぇ。先ずはケーナ用のクリップマイクをテストしたいね。

Live!0508 のケーナのエフェクト具合が良かったので、曲によってエフェクトを使い分けたり。
そういうコトを目論むと、ケーナ+クリップマイクは避けて通れんようです。

おー、よくよく考えたら、EWI4000s ならワイヤレス化、イケるじゃん(爆笑)。


昨夜は「Voices from Seventh Laboratory」オンエアしました。

実は、直前に番組内で使用するジングルをいくつか作ったので、使ってみたかった(爆笑)。
掲示板も作って、当ブログにリンクしといたんです。
急に告知したにも関わらず、視聴&掲示板にカキコ、うれしかったなぁ。
(DSIっち、まゆさん、カキコ感謝です  Psychic、今度はちゃんと告知するからね)

他にも、どうやら全然知らないヒトがどっかで聴いてくれてたみたい。
何度かやったテスト放送(告知なしw)のときも、2人くらい聴いてくれてたんだよね。
ひょっとすると、自動録音機能で後から聴いてくれるのかな? とか。
そういうリスナーの方がカキコとかしてくれると嬉しいよねぇ。

とりあえず、もう少し落ち着いて番組が構成できるようにします。
技術的なトラブルもあったりしたので、そちらも改善せねば。
ともあれ、機材は普段制作に使っているものがほとんど使用可能。
コイツらを使わないテはないんだよねぇ~、なんて考えながらこの記事を書いています。

さて、次回の放送はどうなりますやらw 。

comment(2)  trackback(0)

ギャラリー「リーフレット」

2011.05.12

category : ひとりごと

7th-lab やその仲間たちが、音楽活動の拠点にしている場所。

「リーフレット」 という、小さなギャラリーです。

官公庁や公共施設の集中している場所の一角に建つビルの1階にあります。
ちょっとわかりにくい入口を入ると、その扉が見えてきます。

入口

扉を開けるまでは暗いんですが、店内は明るいです。昼間は特に。

店内

こじんまりとまとまっている店内。
テーブルやイスにもこだわりを感じます。しゃれたイメージですね。

ライブを演るときは、テーブルなんかの家具はキレイに片付けられてしまいますね(苦笑)。

平常は喫茶店として営業している傍ら、ギャラリーとして、絵画や写真作品が展示されています。
オーナーの北村さんは画家。絵画教室もなさっていて。生徒さんもいらっしゃいます。
この記事のための写真撮影をした際には、北村さんご本人の作品がいくつか展示されていました。

バラ

ゆり

睡蓮

うーむ 写真が上手く撮れてない(猛爆) 。
特にイチバン下の作品は 7th-lab のお気に入りの作品。もっと上手く撮りたかったなぁ。

官庁街というせいもあり、ランチタイムには食事にいらっしゃるお客さんで忙しそう。
女性が多いのは、やっぱりギャラリーとしての部分が女性を惹きつけるんでしょうか。
店内に展示されている作品はもちろん、活けられた花さえ、お客さんの眼と心を癒しています。
そこはやはり北村さんのセンスなのかも知れません。

この日のランチは田舎風散らし寿司。お酢の加減が柔らかで美味しかったっすw 。

コーヒーは、香ばしくふくよかでやや酸味のある、おそらくはモカブレンド。
アイスコーヒーよりはホットで頂くほうが良い気がする。
カウンターに座って BGM に耳を傾けると、Hiro.MTB の曲や 7th-lab の曲が聴こえてくるかもw 。
(この日は実際、Hiro.MTB のアルバム「Reach for tomorrow」が流れていました)

「あたしゃ、音楽は全くわからんのよぉw」
そう言って笑う北村さん。でも「創作する」という部分ではずいぶん理解のある人物。
まるで母親のように、準備もなく暴走したがる我々を諭してくれます。

隠れ家的な場所。次回ここから流れる我々のサウンドは、少しは成長してるんでしょうか(笑)。
絵画や写真、音楽、その他の様々な表現の拠点になればいいなぁ。

comment(1)  trackback(0)

訃報

2011.05.11

category : ひとりごと

ははうえさま おげんきですか?

夕べ 杉のこずえに 明るく光る星ひとつ 見つけました
星は見つめます ははうえのように優しく
わたしは星に話します

くじけませんよ 男の子です
寂しくなったら 話しに来ますね いつか多分

それではまた お便りします
ははうえさま 一休


みなさんご存知かと思います。アニメ「一休さん」のエンディングテーマ「ははうえさま」の歌詞。
7th-lab の記憶の中では、名曲のひとつに位置している曲です。

4月26日に、作曲家 宇野誠一郎さんが亡くなったそうです。84歳だったそうです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/obituary/?1305088463
  ↑
上記の記事を参照されてください(Yahoo!ニュースより転載)。

上記の「ははうえさま」や「ひょっこりひょうたん島」の作曲をされた方。
典型的な「詞先」の作曲家。 先にできた歌詞のイメージを活かしきることのできる数少ない作曲家のひとり。

生前、雑誌に掲載された文章の中で「音楽はひとりではできないモノだ」とおっしゃっていた。
仲間に恵まれず、ひとりで音楽に没頭していた当時に、たまたまその文章を読んだ記憶があります。

すっかりお名前さえ忘れていたのに。しっかり心に刻まれていた記憶。
遺された作品は、ますます輝きを増していくんだろうなぁ。
宇野誠一郎さんのお名前は知らなくても、楽曲を聴けば誰もが知っている。数え上げればきりがないほど。



心からご冥福をお祈り致します。どうか安らかに。

comment(1)  trackback(0)

Melodyne、使ってみた(驚愕)

2011.05.11

category : ひとりごと

まゆさんご無沙汰。コメントさんきゅです。

真っ剣に「ライブは生き物」。
演奏のクオリティはそんなに悪いものではなかったのは、動画を確認して思いました。
にも関わらずテンションを保つことができなかった。で、アンコールでの大失敗。
今でもいろいろ考えさせられてます。けっこうクヨクヨと(苦笑)。
でもねぇ、後から後から様々なアイデアに追いかけられて、立ち止まってもいられない 7th-lab です。

あ、「ねとらじ」放送配信、こっちが先に開始しましたぜアネゴw 。

それと、当ページの右側のリンク「自由の空に」のページに、会縁隊の動画記事上がってます。
そちらにも感想&応援記事を。きっと若者たちの励みになることでしょう。


MTB御大、毎度です。

アンサンブルってのは良いモンですね。
7th-lab も常々同じ事を考えてた。アンサンブルのアレンジ。
たまたま、全部の楽器のサウンドキャラクターが違うので、それを活かした演奏が聴きたいよね。
もちろんサウンドキャラクターがバラバラだから、ユニゾンでもずいぶん良い演奏に感じるんだけど。

それと、当ページの右側のリンク「自由の空に」のページに、会縁隊の動画記事上がってます。
そちらのコメント欄にぜひ提案を。彼らを「更なる高み」へ導きませぅ(笑)。


MOMO DONさん、毎度。こまめにチェック感謝っすw 。

昨夜「Melodyne」さっそく使用してみました。

はっきり言って 「スゴイ」 っすコレ。
コレならどんな音痴な唄でも何とかなる。完全に「眼からウロコ」状態。
ただ、ノート全体のピッチは自由に加工できても、そのノートの中のピッチカーブがエディットできない。
よくよく調べると、ひとつ上位モデルの「Melodyne Assistant」でないと、ピッチカーブの変更はNG 。

ダメだ。我慢できん。グレードアップぢゃw 。

しかしこんな風にヴォーカルを編集できる時代が来たとは。長生きはするもんです(違)。
マジ「Essential」の状態でも、驚くほどの効果。そしてCPU負荷が小さい!! 。


さて、昨日の記事&上記に登場する「Melodyne」という、波形編集ソフトウェア。
ずっとお世話になっている、「エレクトリックパーツ高知」というお店で購入しました。
実は、我が Macbook Pro も、こちらで導入したのです。

http://www.elp.co.jp/staffblog/archives/shop/matsui/
  ↑
エレクトリックパーツ高知の、松井くんのブログ
Logic で音楽制作をされる方必見。彼自身も音楽制作をしているので、総合的に知識が豊富w 。

さっそく松井くんに「オンラインでグレードアップする方法」の調査を依頼。
こうやって記事を書いている間にも、きっと返答が来る、です。ヤツぁ仕事が速いのだw 。

当ページ右側のリンクのコーナーにも、松井くんのブログをリンクしました。
Cubase をご利用の方は、当ページ右側のリンクコーナーより「Plactices on the DAW」へぜひご訪問をw 。

「Melodyne」シリーズは、ハイブリッドメディアですので、Windows でも Mac OS でも使用可能。
さらには、2台までのPCにアクティベーションできます。
Cubase と Logic の両刀使いの方も、両方に用いることができます。親切ですねw 。

そして、先ほども若干触れましたが「思ったよりも負荷が小さい」です。
そりゃーこれだけのソフトですから、AU や VSTi として使うには若干は重い。
でも、目くじらをたてるほどの重さじゃない。これなら怖がらずに使えます。
負荷が気になる方は、「Melodyne」をスタンドアローンで起動して直接編集。
編集後に保存したオーディオを、DAWに読み込んで使用する方法で(7th-labはこっちの方法かな)。

とにかく、本当に使えるソフトです。
アマチュアのミュージシャンがこんな風に波形を扱える時代がキターーーーwww 。

できることなら、早急に上位モデルにアップグレードを果たしたいと願う 7th-lab です。
近々中に、Logic上で AU として複数起動したときの状況もレポートしたいと思います。

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。