7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

MTB Presents 5th Album「壱拾弐段」

2012.04.17

category : 仲間の作品紹介

前回記事、コメントありがとぉですwww 。


m20ritsuさん、いらっしゃいませ。やってますね♪ 。

システムが充実すると、この席から離れたくなくなるでしょ? 。
ミュージシャンにとって、その空間は大小や機材の豊富さの如何に関わらず、秘密基地。
自分の精神を全て開放できる、開放する手段を与えてくれる、秘密基地になります。

そこから発信される作品を、多くの皆さんが心待ちにしていますよ。


~ヒデアキ~さん、初めましてですね。いらっしゃいませ。

古い音源もお聴きいただいたそうで。何だか恥ずかしいやらこそばゆいやらw 。
最近よりも「実直で落ち着いた音源がある」というご指摘、正にその通りかと。バレバレ~ 。
しっかりメロディや展開の楽しめる作品にも取り組んでいきます。今後ともどぞよろしく。

あ、こんな風に記事中でコメントのご紹介&お礼してます。早く慣れてくださいねw 。


ところで本日は久しぶりに、Hiro.MTB の活動をご紹介。

じゅうにだん

MTB御大のHP「ジサクジエ~ン集」 http://matoba.la.coocan.jp/music/ が更新されています。

7th-lab の作品「明鏡止水」も収められた 4th album 「海の彼方、あの空の下」
7曲目「残像」の収録をもって完成を迎えています。
さらに早速 5th album 「壱拾弐段」の制作までもが、すごいペースで進行していますね。

相変わらず「珠玉のメロディメーカー」と呼ばれる実力の一端は、決して期待を裏切りません。
加えて、今回はそのアレンジにも進化が感じられます。大人の響きが追求されている。
じっくり聴き込む毎に、鏡に光が反射するような様々な印象が溢れてきます。

次回のライブでは、この中から 7th-lab によるアレンジの曲が演奏されるかも知れません。
そう、音楽はそんな風に繋いで包んでいくのです。ヒトとヒトさえも。


ぜひ皆さんも Hiro.MTB の繊細なメロディを体験してみて。


スポンサーサイト

comment(4)  trackback(0)

コメントへのお礼と近況報告などを

2012.04.12

category : ひとりごと

「The end of nightmare」 をはじめ最近の記事にレスしてくれた皆さん

ありがと~なぁありがとぉよぉ~(感涙)。
と、言う訳で、近況報告なんぞも混ぜつつお礼をしてみたく存じ候w 。


ayaさん初めまして、よ~こそ 7th-lab 's blog へ。

最初は「父ちゃん? 誰のこっちゃ?」とか思いました。でもすぐわかったよ。
でも、何も "枝豆豆腐" の記事に無理やりコメントしなくても、とか。思わず笑ってしまいました。
ちゃんと作品もお楽しみいただけましたか? もしお気に召したならまたお声をおかけください。

あ、こんな風に記事の中でお礼するんです。見逃さないでくださいねw 。


MOMODONさんいらっしゃいませ。毎度あり~。

メロディラインor唄が存在する作品に、そういえば最近取り組んでませんね。
リミックスやアレンジの技術を磨く必要に駆られて、という感じでしょうか。
メロディそのものよりも、実験的な手法からトラックが編み出されることが多々あります。
ミックスの鍛錬とか、ディレイ等の使用法の実験とか、意外と勉強になるモンです。

いっそ挑戦してみられては? エレクトロも「シャア専用」唐辛子豆腐も(笑) 。


melodickzさんいらっしゃい。桜並木を充分堪能しましたか? 。

新音源、お気に召したようで何より。でも召されちゃいけない(笑)。
シンバルのライドを多用して空間を描いてみたくなった、ってのが着手のきっかけ。
ソコにこだわると、Drums全体の輪郭を整えにゃならん、ということに気がついて。えれー苦労しました。
おかげさまでこんなにシャープなリズムが表現できたのは久しぶりじゃないかなぁ。

しかし「おっさんホイホイ」とは正にこのこと。おっしゃる通りですなw 。


HA-ROOKIEさんいらっしゃいませ、「Marshallの祖」の逝去には胸が痛くなりましたね。

新音源に評価いただき感謝。「曲を書く」というより「プログラムを構築する」イメージかも。
そういう意味合いではエレクトロは実に多面性を持っています。
ただ、「実際にヒトの手で演奏できない」という条件を、邪道だと思うか可能性と考えるか。
当方ももう少し追及しないと、その見極めができるポイントまで到達できないような気がします。

しかし娘さん、Pignoseのギター似合ってたなぁw 。


iZoArtsさん毎度でございます。ご心配かけましてホンマすんません… 。

様々な欲求とストレスが交錯して、どんよりとノレない自分がいましたね(苦笑)。
でも、そんな中でもこうして何らかの表現を伴ってもがいていられるだけマシなのかも、とも。
ご心配かけましたが、体調はずいぶん改善。代わりによ○○いの演舞曲の制作が怒涛の如く(苦笑)。
同じ音楽制作でも、なかなか同じものさしでは測れないものですね。

いずれにしても考え方次第。前を向かにゃ~ならん、と再度気合を入れましょう。うむ。


きみちょこさん初めまして、コメントありがとうございますw 。

夢に向かっている若さっていいなぁ。もう既におっさんの台詞ですが(爆)。
応援してくれる皆さんも同じように、力んだり、凹んだり、歯軋りしたりしてますよ、きっと。
当方を含めて、何らかの形で音楽表現をされている皆さんは、きっと同じ夢を持ったことがあるんだと思う。
でも、夢破れてこの年齢になっても、当方はこうして音楽制作に携わっています。

当方もささやかながら応援していますよ。毎日ランキング確認させてもらったり、ね。


me~roさん初めまして、コメント感謝ですw 。

もっとエグい系のシンセサウンドがお好みですか? 。
音色の特徴だけでなく、コードワークや構成でも様々な雰囲気が作れるモンなのです。
もちろん「スカッとサワヤカ」系の作品も、ギターをフィーチュアした作品もあります。
ぜひ他の作品も試してみては? 。

ギターは毎日触りましょう。1時間でも30分でもいいので、とにかく弾くべし!! 。


m20ritsuさんいらっしゃいませ~ 。 DTM環境が整いつつありますねぇw 。

新音源、疾走感がいいでしょ? 何だか「ひたすら逃げている」感じなんです(爆) 。
確かにクルマを運転中にオンエアされると、アクセルがいつもより余計に開きそうですね。
環境が整ったら、周囲には参考情報がたくさん溢れていることを思い出してくださいね。
当方も、ちゃんとメロディのある作品にも取り組まなければ、と考えておりますよ(苦笑) 。

あ、リンクありがとうございます。これからもどぞよろしくw 。


ささかま。さんいらっしゃいませ。 コメントありがとです~ 。

不思議感というか不気味感というか、そういう雰囲気を感じ取ってもらえたみたいですね。
ヒトの感情にある中の「焦り」というエッセンスは、何か思いもよらない状態を引き起こすことがある。
そんなことをよく考えるのです。自分の能力に対しての焦りとか、置かれた状況に対する焦りとか。
言葉では言い表せないので、こうして「音」に込めるのでしょうか。

きっと出口はある。理解っていながら、もがき苦しむのがヒトとしての本能なのでしょうか。


まりこうたさん、いらっしゃいw 制作の状況はどうですか? 。

主なストレスは、相変わらずよ○○いの制作なのです(苦笑)。
そんなこんなでこんなおどろおどろしい作品が生まれてしまったのかも知れません。
どうやら、まりこうたさんの新曲が当方の活動終了よりも早そうですね。
早く「悪夢の終わり」に辿りついて、新曲で我々を和ませてほしいと切に願います。

頑張ろう。明るい出口はきっとすぐそこに。


MTB御大、毎度コメント感謝。そっちもやってますなw 。

http://soundcloud.com/hiro-mtb-2
  ↑
御大のSoundcloudページ、勢力的ですなぁw 。

もっとちゃんとした形で改めてご紹介もしますが、いやぁスゴいペースだわ。
「稀代のメロディメーカー」の本領発揮、というところでしょうか。
また近々中にコラボ作品にも着手したいモンですな。刺激になります。


さて、皆さんにお礼させていただいたので、近況を。

帽子

トレードマークの帽子、新調しましたw 。
向かって左のグレーのデザインが従来のと同モデル。右側は新しいデザインのモノでっすw 。

たったこれだけのコトでちょっとだけ気分のアガる 7th-lab は単細胞でしょうか…(苦笑)。
入手先をお知りになりたい方いらっしゃればコメントください。ご紹介しますw 。

comment(2)  trackback(0)

爆音よ永遠なれ

2012.04.08

category : ひとりごと

コメント多数ありがとうございます。いつも感謝。
改めてお礼させていただきます。もうちょっと待っててねw 。


本日は、残念ながら訃報です。


マーシャル・アンプの生みの親
そして、現代ハードロックサウンドの祖であると言って差し障り無いであろう人物

ジム・マーシャル氏が5日に亡くなったそうです。88歳。

http://www.j-cast.com/2012/04/06128048.html
http://tower.jp/article/news/2012/04/05/n12
  ↑
上記の記事を参照されてください(J-castニュース並びにTower Record onlineニュースより転載)。

ハードロックを志すギタリストなら、誰もがあこがれたはず。
アンプシュミレーター全盛の現代も、そのハイゲインの音色は必ず基準としてサンプルされています。
そして、新しいハイゲインアンプのメーカーは、こぞってスピーカーユニットを縦に積み上げた。
それは正に「マーシャル・スタック」と呼ばれた、ジム・マーシャル氏考案のスタイルなのです。

現代のロックと名のつく音楽は、彼というフィルターを通さずに完成していないでしょう。

アーティストは、そして音楽は、彼のような功労者によって、歴史を積み上げていくのです。
そう、高々と積み上げられたスピーカーユニットの壁―マーシャル・スタックのように。


謹んでご冥福をお祈り致します。爆音よ永遠なれ。

comment(1)  trackback(0)

The end of nightmare

2012.04.01

category : オリジナル音源




The end of nightmare

Music : 7th-lab
arrange : 7th-lab


相変わらずエレクトロな雰囲気でお送りしております(苦笑)。
何だか、謀らずも音源になってしまったこの曲です。

「ストレス溜めまくった状態で制作に明け暮れた副産物」という感じでしょうか。
要は、" 悪夢の終わり " に手が届きそうな今日この頃なんです。
なんでそんなに追い込まれているかって? …まぁ察してください(汗)。

皆さんのお耳にはどのように届くんでしょうか。

comment(10)  trackback(0)

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad