7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねとらじ告知!

2013.05.28

category : ひとりごと

では告知しますw 。

7th-lab のお送りする、インターネットラジオ番組
『Voices from Seventh Laboratory』
平成25年6月1日(土) 22:00 On the air !! 。

今回は皆さんのたくさんの新曲がメイン。
そして、様々なエピソードも併せてご紹介しながら進行していきます。
ますます内容の濃い盛りだくさんな放送になりそうですね。

一部の皆さんの声にお応えして、今回は22:00スタート。
15分くらい前からBGMがお聴きいただけるはずです。

また、リアルタイムで放送配信掲示板も開設しております。
ぜひ皆さんご参加くださいませ♪ 。

放送直前には当ブログも更新致します。
ぜひ週末の夜をたくさんの仲間と一緒に過ごしましょうw 。
スポンサーサイト

comment(16)  trackback(0)

釣り、ダメっすか(汗)? 

2013.05.26

category : ひとりごと

『ナニやってんのこの忙しいのに!』

という声がどこかしこから聴こえて来ております。
そうなんですよねー色々と準備や作業が立て込んではいるんですが(汗) 。

<業務連絡>ーーーーーーー
ねとらじ参加者及び関係者の皆様、火曜日夕刻には予定をこちらに掲載します。
ogd様、プロジェクトの概要、確認させて頂きました。よろしくお願いします。
Hiro.MTB様、ご発注の件、検討します。今しばらくお待ちを。
ーーーーーーーーーーーーー

と、そんな周囲の雰囲気を尻目に、行って来ました。バスフィッシング♪ 。

年に一回と言っても過言ではない、バス釣りに最高の時期。
そう、いわゆる繁殖&産卵の時期なんです。
正確に言うと、どうやらその直後の時期にあたります。

今回は、いつもの某Aダム。
いつもとは若干趣向を変え、正午スタートから夜釣りへも突入。
当日は満月の大潮の週末、というなかなかない環境も整い、参加者も多数。
大勢で釣ると、通常は魚の警戒心が高まり、状況は悪化するんですが
それを補って余りあるフィールドの広さ。恵まれてるなぁ。シアワセだなぁ。
大勢で和気あいあいとした楽しい釣行となりました。

0525-002.jpg

釣り開始からはやや時間がかかりましたが、無事1本め。

0525-003.jpg

たて続けでした。日中の釣果は、写真のような40cm弱が3本。

いつもの釣行の主催者である「かいちょー」も日中はやや苦労気味。
しかしソコは実力者。本数もサイズも揃えてきます。
そして本日初参加の「Kotaro」も、事前の噂に違わず実力の片鱗を見せつける。
若さを活かし、広大なフィールドを駆け回ってナイスサイズをゲット。
その他の参加者も、それぞれの夕暮れを迎えました。


そして迎えた 満月 。
山の稜線からゆっくり現れ、まばゆいばかりの光をもたらしたその瞬間。
かいちょーのロッドにビッグバスの反応が! 。

「デカい!」 という声とともに、45cmのビッグバス。
その後も魚の活性が上がり、ヒットとロストを繰り返すかいちょー。
おそらくはかなりの大物を、都合4、5本ロストしたと思われます。

そしてKotaro 。
ヘッドバンドに装着したライトの光を頼りに、あちらこちらで本数を増して行く。
実力の高さをまざまざと見せつけるロッドさばきは圧巻でした。

他の多くの参加者もそれなりに釣果はあったようですが、残念ながら実力差が大きく。
足下の水辺まで来ていながら、フックを吐き出して水に戻るバスを、苦悶の表情で見送る
そんな光景が多かったと感じるのは、満月のせいでしょうか(笑) 。

そんな中、当方もナイトバッシングを堪能して来ました。

0520-004.jpg

コレ実測で37cm。3回連続ロストの後、祈るような思いでファイトしました。
その後もロストを繰り返しつつ、41cmもキャッチできました。

0525-001.jpg

その後もミスやロスト続き。
「乗れっ!」 という叫びの後、月明かりで光る水面を裂いてジャンプ。
周囲の仲間が「乗った!」という声を上げて喜んでくれた40cm。

本日の釣果は、大小合計10本。
夜の写真は非常に見にくいですね。申し訳ありません(汗) 。

日付変更線までみんなで釣って、帰りの反省会はコンビニ。
その場でカップめんをすすりながら、あーだこーだと子供のように語る。
いつまでもこんな時間が続けばいいなー、なんて、誰もが思った夜更け。

新鮮な気持ちで音楽に取り組めそうな気がしています。うん♪ 。

comment(8)  trackback(0)

次回のねとらじ放送計画のハナシをしよう

2013.05.20

category : ひとりごと

7th-lab のお送りするインターネットラジオ番組
『Voices from Seventh Laboratory』 ごひいき毎度アリ。

完全不定期どころか、気まぐれに放送予定を作るので
リスナーの皆様方にあっては、その困惑極まりない状況にお詫びを申し上げます。
また、それにも関わらず応援していただける皆様方に、深く感謝申し上げます。

さて お仲間のブロガーの皆様のところへご訪問させていただくと
新作音源が多くリリースされている現状でございます。
番組中では、新旧問わず要チェックな作品やリクエストのあった作品等を
ランダムに選曲、できるだけ多くの作品をオンエアするべく努力しております。

前置きが長くなりました。
前述の通り、新作音源が多くリリースとなっている昨今

そろそろやるよ♪ 。

予定としては、6月の1回目ないしは2回目の土曜日を考えています。
よろしかったらオンエア希望やご意見等々いただければ幸いでございます。
「バーロー平日の夜やれよ」とか
「昼間じゃねぇと聴けねぇだろ」とか、そういうご意見も大歓迎ですw 。
(『毎週やれ』とか言うのは勘弁してください(懇願))

例として、できたてホヤホヤの未発表音源をお持ちのミュージシャンの方なら
"当番組で新音源を本邦初公開" とか
あるいは、詩や写真、イラスト作品等を掲載されているブロガーさんであれば
"7th-labがアナタのブログを番組でご紹介" とか
当番組をそのように使っていただいても面白いかと思います。

できるだけ盛りだくさんの番組構成にしたい反面
放送が長時間にわたったり、配信環境の悪化がみられたり
様々な制約が生じたりすることも多々ありますが(汗) 。

とはいえ、ぜひ皆さんのご意見ご要望をお聞かせいただければ幸いです♪ 。


Ps.
ギタリストコラボ、番組で初公開しちゃおっかなw 。
参加ギタリストの皆様、その関連についてもご意見をお寄せくださいませ。

comment(18)  trackback(0)

Defying Normalcy Bias

2013.05.11

category : オリジナル音源




Defying Normalcy Bias

Music : 7th-lab
arrange : 7th-lab


さて、ライブ直後の最新作をリリースです。
ちょっと自分を「リセット」する意味と、「新展開」を模索する意味で。

さぁ、何が「新展開」なんでしょう(笑)? 。
楽曲自体にも、制作意図やバックボーンにも、様々な思いが交錯していたり。
ま、それについては追々お話しすることにしましょうかwww 。


ともあれ、皆さんお気に召しますでしょうか♪ 。

comment(20)  trackback(0)

Live report!! 「Hiro.MTB vs 7th-lab 2013」

2013.05.06

category : ひとりごと

直前の記事で告知しておりましたライブ、レポートしまっすw 。


DJ party "TUNNEL"
20130503(Fri) @Cafe'de Blue

Blue01.jpg

Blue02.jpg

Blue03.jpg

いやーふたりともノリノリですなぁ(笑) 。
お客さんにもDJアクトの皆さんにもずいぶんアゲてもらっちゃったw 。

Blue04.jpg

Blue05.jpg

Blue06.jpg

セットリスト

1. 君の瞳に映るもの
2. Nightfall
3. 空
4. 楽園の泉(reggae ver')
5. Reach for tomorrow

Live "Hiro.MTB vs 7th-lab 2013"
20130504(Sat) @リーフレット

Leafret01.jpg

Leafret02.jpg

Leafret03.jpg

Leafret04.jpg

フルアコ、ハウリングとの戦いは緊張モンでした(汗) 。
でもねぇ、柔らかい音色は特筆すべきものがありました。

Leafret05.jpg

Leafret06.jpg

ゲストヴォーカルのKaoru 。
緊張が伝わってきて、ドキドキしました。

Leafret07.jpg

Leafret09.jpg

そしてもう一人のゲスト、オーボエ奏者のMizuho 。
演奏は圧巻。お客さんがその音色に完全に魅了されてましたw 。

Leafret08.jpg

そしてアンコールまでお付き合いいただきました。
アンコール直前に席を立たれたお客さんもいらっしゃいましたが(汗) 。
でも、「アンコールの演奏がめっちゃ印象に残った」という声がたくさんありました。

セットリスト

Opening medley
-青空の下で〜天の向こう側-
こうして僕らは咆哮を聴く
Nightfall


Capelight
やさしさに包まれたなら (ex.Yu-ming) (Vo : Kaoru)
Selfish (Vo : Kaoru)

  ~暫時休憩~

瞳のなかで (ex. 井上薫)
Fly me to the Moon (ex.Bart Howard)
沢を渡る風
空へ! (Oboe : Mizuho)
手を伸ばせば雲だって掴める (Oboe : Mizuho)

楽園の泉
Highway cruise
君の瞳に映るもの
Reach for tomorrow

  ~アンコール~

明鏡止水


既に動画もULされております。
Hiro.MTBのHP ジサクジエ〜ン集 の ライヴレポート
詳細なセットリストとともに整理して掲載されております。


まだ程よい疲労感と安堵感の残る中、ぜひ熱いうちに皆さんにも♪ 。









comment(37)  trackback(0)

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。