7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLYER'S LURE製 驚きのカメラ内蔵ルアー

2016.07.06

category : ひとりごと

FRYERS logo

ちょっと釣りグッズのお話です。

名古屋を拠点にトップウォータールアーを主に制作・販売するメーカー「FLYER'S LURE」さん。
http://flyers-jp.com/
上記URLからホームページを覗いていただければ、そのカラフルな楽しさに魅了されるはず。
当方もネット上の情報からこちらにたどり着き、魅了されたひとり。

トップウォーターと呼ばれる、水面に浮かべて釣るルアー。
ルアーが水面に浮いているから、魚がルアーに襲いかかる瞬間がもちろん釣り人から見える。
そのダイレクト感というかダイナミック感というか、それがこの釣りの最高の魅力。
でも、「コレで本当に釣れるの?」的なルアーのデザインの奇抜さや可愛らしさも
釣り人を惹き付けて離さない大きな魅力であることは、多くのルアーのデザインからも想像できますね。

WEARABLE LURE

トップウォーターの釣りは、本来ものすごく難しい釣り(だと思って疑わないw)なんです。
これまで当方は、この分野にほとんど手を出さなかったんですが
FLYER'S LUREさん、このルアーを限定販売されるという情報によって、ついに禁を破りました。

IMG_3454.jpg

買っちゃった(笑) 可愛いでしょ? 。
で、なぜ可愛らしくも難しいであろうこのトップウォータールアーに手を出したか。

IMG_3455.jpg

実は何と、おしりの部分が防水性のあるケースになっていて、小型カメラが納められているんです。
そう、トップウォーターの釣り自体ではなく、水中映像の撮影ができるところがその驚くべき特徴。
このルアーを用いたトップウォーターゲームのお話は追々することにして
とりあえず水の中をこのルアーカメラで撮影してきました。


(ついでによかったらこちらの釣行映像もどうぞ♪)

当日は曇天の17:00前後。周囲はあまり明るくない状況。
水もほんの少し濁っていて、水中に光が届きにくかったかも知れません。
水中に沈んだスタンプ(木の切り株)にフックを突き刺して、水深30cmあたりに固定して撮影。

小さいブラックバスが「なに?ナニナニ?」とばかりにルアーに興味を示して近づいて来ました。
でも、残念ながら上手く映像に納まっておらず。
水の上からはルアーの周囲をウロウロするサカナたちが見えていたんですけどねー(苦笑) 。
動画では、かろうじて水中のサカナたちの姿がご覧いただけるので、ぜひどうぞw 。

カメラ自体は、どうやら若干揺れに弱いので
実際に撮影しながらルアーをアクションさせると、その映像は苦しいものになるかもです。
でも、トップゲームはルアーを「止める」ことで成立するゲームでもある(と思っているw)んです。
アクションを止めて、うっすら波紋を伴いながら水面で安定するルアーに、もしデカバスが… !! 。
そう考えると、最高にアクティブでダイナミックな映像が、いつか撮れる!! …かも(笑)!! 。

カメラ内蔵というギミックから、トップウォータールアーとしての基本性能に至るまで
この製品に興味の湧いた皆さん、ぜひとも FLYER'S LURE のサイトにお越し下さいwww 。

FLYER'S LUREのますこさん、編集動画をfacebook等に掲載していただき、ありがとうございます。
今後も魅力溢れる楽しいルアーを楽しみにしています。今後ともよろしくお願い致します♪ 。












スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

Counter conversion

2016.07.04

category : オリジナル音源



Counter conversion

music : 7th-lab
arrange : 7th-lab


久しぶりにギター弾く必要が生じまして。
長い間忙殺されていたのもあって、機材の使い方もわかんなけりゃー指も動かない(苦笑) 。
こりゃーこのままじゃダメだぞ、とばかりにちょっと気合い入れ直しまして。
ゆっくり手癖を繰り返しなぞって、リハビリのつもりでやってみました。

日本人は優しく思慮深く我慢強い民族だけど
「いつまでも優しくねぇぞ、いい加減にしろよ」という気持ちを込めた作品です。
言いたいことは多々ありますが、とりあえず作品から感じ取ってほしいと思います。

さて、皆さんのお耳にはどのように響くんでしょうか♪ 。
(追記:マスタリングを少しだけ調整したものを再掲載しました。)









comment(8)  trackback(0)

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。