7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

来たる寒の戻り

2011.02.12

category : ひとりごと

まゆさん毎度。レス感謝っす。

男か女かはともかく、意外と良いギターな気が。
果たしてステージで使えるかどうか。これから熟成度(親密度?)を上げてくよぉw 。


MTB御大も毎度。

いや男か女かはともかく(苦笑)。
それこそWXとEWIくらい、サウンドキャラクターが異なります。
あ、もっと言うなら、サウンドだけじゃなく弾き心地もかなり違います。
もちろん弦のテンションとか指板の感触とかも違うので、使う側も移行訓練が必要かと。

あ、ken parker もバッチリのコンディションで手元に帰ってきたよw 。
オクターブが合うのと、弦が新しいので、弾いている側もウキウキします。


MOMO DONさんコメントさんきゅです。

いやだから男か女かはともかくとして(爆笑)。
このギターにも「しなければならない手続き」がたくさんあります。
とりあえず一度バラして、アルミ箔でアースします。ありがちなノイズが気になりますね。
ハンダまで補強するかどうかは検討中ですが、ボディのザクリの周囲とピックガードの裏くらいは。

弦高を少しだけ高めにすると、意外と生音にガッツがあります。
久しぶりのシンクロ。思い出しながら使い倒してやろうと思ってます。

ときに「入魂」とは? 詳しくおせーてください(懇願)。


しかし雪降ってるで~www 。

別に話題に困ってる訳ではないんです。単にそれが言いたいんです。
いろんな悪天候で、様々な影響が出ています。皆さんぜひご自愛を。
これは寒いっ。 せっかくこの前まで暖かかったのに。

これはいわゆる 寒の戻り ってヤツですか? 。
スポンサーサイト

コメント

No title

呼ばれて飛び出てジャ・・・ン。(^^♪

>ときに「入魂」とは? 詳しくおせーてください(懇願)。

大した事ではありません。(笑)
ただ短期集中的に弾き込む事です。

音響では特にスピーカなど
本来の音を引き出すためにエイジング処理というものがあります。

ギターも「入魂」処理を行います。

短期集中的に弾き込むことで、
1.不具合を早期に発見する。
2.各パーツにアタリを付ける。
3.木材に振動を与えて起す。
  しばらく弾いていないと寝ています。
4.奏者がその楽器に慣れる。

主に、この4つを差して入魂と言っています。
暫く弾いていないと鳴りが悪いと感じたことありませんか?

特に固まった各パーツを振動させて本来の動作、アタリを
取り戻すこと、木材に振動を与えて鳴りを良くすることです。

アンプにとおす必要はないので、ガッツのある曲を
20曲位弾き倒してみてください。

金属の摩擦抵抗や酸化で硬くなった部分が働き出します。
木材も振動を伝えやすい状態に戻ります。

「ガッツ注入」でも良いでしょう(笑)

PS:私の造語なので、ご使用の際には恥をかかない範囲でご使用下さい。(^^♪



2011.02.12  MOMO DON  編集

No title

「入魂」ですかぁ。私にも心当たりがあります。

当方、ウィンドシンセに移行して長いのですが、
今でも時々(数ヶ月に1度くらい)、思い出したように
サックスを引っぱり出してきて吹くことがあります。

しかしこれが、吹き込んでも吹き込んでも振動しない。
もー鉛のジャケットを楽器全体に被せたかのよう(笑)。

1時間ぐらい吹き込んでやっと音が鳴り始めるのですが、
そのころにはこっちがヘトヘトで、そこで練習終了です(笑)。
本当は毎日30分でも吹き込めると良いのですが、
音が出せる環境ではないのが、つらいですね。

2011.02.13  MTB  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad