7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

様々な「熱い夏」開幕!

2011.08.13

category : ひとりごと

さて、夏本番でござんすなw 。

高知では よさこい祭りが終了 。
徳島では 阿波踊り開幕 ということで。

7th-lab の周辺でも、各地で様々な盛り上がりを見せています。
皆さんの地域ではどですか? 。

7th-lab は、今年の夏もこういった大きな夏のイベントの裏方として働きました。
高知が誇る、よさこい祭りに前夜祭から合算して都合4日間、朝から晩まで。

いやーやっぱいいもんだなぁ。夏の祭りってなぜか得も知れない力強さを感じます。


しかしながら、裏方として寂しく感じること。

祭りの参加者が主体になり過ぎて、本当の地域貢献になっているのか否か。
様々な疑問が沸き起こって来る。ある種仕方のないことかも知れないけれど。
特に、遥か昔からの伝統文化を背負ったイベントだからこそ感じるジレンマ。

我々主催者側・裏方は、本当にそのイベントの成功のために様々な努力をしています。
もちろん踊り子チームの皆さんが全力でパフォーマンスできる環境を整え。
そして観覧者の皆さんには、充分その風景や雰囲気を楽しんでもらえるように。
それはあくまで 全ての皆さんに対して です。

果たして、参加者・参加チームの皆さんはそうであろうか。

公序良俗であったり、道路交通法であったり、細かい基本的ルールが隅っこに追いやられている。

よさこいのチームというのは、軽く100名を超えるような団体がゴロゴロあります。
そして、大型の車両を多数用い、市内を大規模に封鎖、交通規制を行うのが通例です。

その100名が歩道を塞ぐ、道路に溢れ出る、公園を占拠する、コンビニに殺到する。
祭りに用いる大型バスや、先導の「地方車」と呼ばれる車両が、縦横無尽に我が物顔で市内を走る。

理由は「祭りだから」です。

それを見て、市中における様々な商店や企業の一部は諦め顔をします。
「売上が落ちる、この期間は商売にならない」

そういう声が、最終的に「祭りは迷惑 やめてほしい」という声に。

それは切実な訴えです。
市内の交通の閉塞状態や、物理的な障害は、確かに地域の大規模なお祭りですからね。仕方ない。
それを甘んじて耐えるのも、イベントへの貢献のひとつなのです。
だからこそ、参加者の迷惑行為に市中の皆さんは眼を向けるのです。
「踊り子は自分たちのことしか考えていない」と。

7th-lab は、毎年多くの苦情を受ける側にいます。
その多くが、「事前に決められたルールを理解・遵守すれば発生しないはず」の苦情。
その多くが、「お互いに譲り合えば我慢できるはず」の苦情。

お祭りに参加せず、または参加したくてもできない人々のことを
お祭りに参加するために長い時間をかけて準備した人々は、たまたまこの日だけ、忘れ去ります。

それは非常に寂しいことだと思います。

正直、楽曲をいくつかのチームに提供しています。
(でも当日は仕事 それも寂しいだろwww)
7th-lab が携わったチームが、そんな迷惑行為の当事者になっているとは思いたくない。
そして、ペナルティを科せられるチームが出たり、よさこい自体の開催に反対する声が上がったり。
そんな状態を、非常に寂しく感じています。

主催者面するつもりも、裏方だからとエラそうにするつもりもないけれど。
そんなことを真剣に検討しなければならない状態って、寂しい。
そして苦情を申し出る人々も、そのチーム名の特定は避けます。
そのチームが次回参加できなくなったらかわいそうだから。

それは非常に寂しいことだと思います。

それぞれの立場で、もう少し自覚があればいいなぁ、と。
毎年同じことを考えています。もちろん今年も。

ともあれ、お疲れ様でした。
大きな事故やトラブルもなく、無事に祭りを成功させることができたのだから。
(3年前には、とある残念な事故で亡くなった方がいました)

高知の「本家よさこい祭り」に参加してくれた皆さん。本当にお疲れ様。
来年はもっといい祭りになりますように。
スポンサーサイト

コメント

何はともあれお疲れ様でした。

お祭りは昔からの行事なので、
古き良き日本の美徳があって
成り立ってきたものだと思います。

譲り合いとか、助け合いとか。

お互い様という相互・互助というものでしょうか。

扶助も行うものから、
求めるものに意味合いが変わっているような。

もちろん公的扶助の話ではなく、
言葉の意味としての「扶助」です。

なんとなく寂しいですね。

2011.08.13  MOMODON  編集

まずは、お疲れ様でした。

確かに、いろんな問題はあるとおもいます。
私も「地方車」というものを、お貸ししたこともありますし、どうしても8/10が挟まるお祭りなので「集金」にいくのも、ルート変更しければならないし・・・。

でも「高知の祭り」だから、納得はしておりますが、いろいろなトコも知っていて。

今年は「東日本大震災」で、毎年貯めていた参加費を、義援金にまわされ参加されない団体もありましたし。

・・・みなさんの「モラル」を、信じるのみです。

2011.08.14  tamayura  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad