7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

Making of「白い雲、遥か ~四輪駆動の悲恋」

2010.10.18

category : 仲間の作品紹介

白い雲、遥か ~四輪駆動の悲恋


濃い蒼の 夏の大空が 遠去かって秋が来るように
いつの間にか 音も立てずに あんなに愛した君が遠去かる

腕を組んでふたり歩いた道で 聞いた言葉さえ思い出せず

孤独な時間を 耐えられなかった 君を責めたりできるはずもなく
遠去かってゆく 秋の空見上げ 涙こぼさないようにいつまでも

ah~ このままでずっと 変わらないと思ってたよ
ah~ いつまでもずっと 一緒だと思ってたよ

小さな嘘は 空に溶けてゆく 傷跡だけを無数に残して
「早く気づいて 強く抱き締めて 決して独りが好きな訳じゃない」

膝を抱いて背中丸めた君に かける言葉さえ思い浮かばず

孤独な時間を 耐えられなかった 君を責めたりできるはずもなく
遠去かってゆく 秋の空見上げ 涙こぼれないようにいつまでも

ah~ このままでずっと 変わらないと思ってたよ
ah~ いつまでもずっと 一緒だと思ってたよ


「白い雲、遥か ~四輪駆動の悲恋」

lyrics : 7th-lab
Illustration : DSI
Title : Hiro.MTB


当時は、DSIが描いたこのイラストも、7th-labの楽曲も「悲恋のパジェロ」と呼ばれてた。
本当は、刺激を受けた原画に描かれていたのは、Jeep だったんだ。
その Jeep を見た瞬間、雷に打たれたような衝撃と共に降って来たこの曲。
Hiro.MTB に「白い雲、遥か」というタイトルをもらって、完成したこの曲。
そして、この深く艶やかな作品を、DSIが描き上げてくれた。

偶然ではない。かといって必然でもないかも知れない。
でも、こうして艶やかに描かれた空に、制作者3人の友情は確実に息づいているんだよ。

そう。当時とちっとも変わらない友情は、確実に息づいているんだよ。
スポンサーサイト

コメント

No title

初めて完全注文で描いたイラストだと思います。本文にもある通り、
元になったのはジープでした。パジェロになったのは、無骨なジープだと
キャラクターが強過ぎるような気がしたのと、二度もジープを描きたくなかった(スマン!)からで・・・。
また、人によってはこの曲と詞だと、もっと情感のある絵が良いんじゃないかと思われるかもですが、そういうのは苦手ですので悪しからず。

2010.10.18  DSI  編集

No title

7th-labさん、DSIさん、こんにちは。MTBです。

>もっと情感のある絵が良いんじゃないかと思われるかもですが、

いえいえ、このくらいの方が丁度良いと思います。
私はこの絵を拝見して、湿度の低い、爽やかで
からっとした印象を持ちましたが、
それは7th-labさんの曲に対しても同じで、
あまりどろどろしていない健全な青少年のロックと
いう印象なんですよ。

つまり、二人の作品は同じベクトルを向いているわけで。
この絵と曲は、よく合っていると思います。

2010.10.18  MTB  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad