7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

7th-lab のことをたまには書こうw

2010.10.19

category : ひとりごと

どちらかというと、7th-lab は機材オタクである。

いや、完全に、7th-lab は機材オタクである。


ってか、小さい頃から機械に囲まれた生活が落ち着くような人物である。
それが、音楽にまつわる機材か否かを問わず、機械が好きなのである。

機械 と 音楽
とてもじゃないが深く関わりのないであろうと思われる2つの要素。
でも実は、この2つの要素は非常に深く関連しているのである。

いたいけな中学校3年生であった 7th-lab は当時、MSXと呼ばれる規格のパソコンで音楽をやっていた。

テレビにMSXのパソコンをつないで、五線紙をテレビに表示して、そこにひとつひとつ音符を貼り付ける。
するとあら不思議、パソコンができあがった楽譜通りに、音を奏でてくれるのである。
現在で言うところの「DTM」とか「DAW」とかの走りである。

当時は最先端だった。
たった8音しか入力できない、今考えたらただのオモチャでしかないのに。
当時は最先端だったんだよ。
そんなケータイの着信音つくるよりもはるかにちゃっちぃ機械がw 。

なぜ、友達たちがバンドブームに乗っかって音楽をワイワイやっている中で。少年はひとり孤独な道を選んだのか。

トモダチが少なかったからである。

単純でしょ?。
何もかも、一人で完結する音楽だから、友達なんて要らなかったさ(苦笑)。

おぉっとハナシが逸れている(猛爆)。

その頃の経験が、現在の 7th-lab の音楽制作の原点になってんです。
MIDIだって、カセットテープのマルチトラック録音だって、今の宅録に必要な知識は、ぜーんぶその頃学んだモンなんです。
デモテープもけっこう作った。現在じゃ聴くに耐えん代物だろう。
古い知り合いの間では大切にされているかも知れんし、とっくにそんなモンは存在しないかも知れんけど、記憶とか経験とか呼ばれる言葉に化けて、ちゃーんと 7th-lab の中に潜んでいるのです。

そんな風に過去を紐解いていくと
機械に頼るしかねーぢゃねぇかw

そんなこんなでもう25年。
ほぼ一人で音楽制作をやっています。

一時期は、自室がTMネットワーク時代の小室哲哉氏のステージセットのような状況になったこともあります。
機材が増えすぎて(それはそれで気に入っていたw)。

現在は、小さなラックに納まった十数本のアウトボードと、何本かのMicと、HDR。
そして必殺の Macbook Pro だけ。

たったそんだけで音楽ができてしまう。楽曲ができてしまう。CDができてしまう。
すごい時代になったモンです。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad