7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

0勝1敗1分け…うーーん、残念! 1勝1敗1分けで行けそうな感じでしたが...。
ゴール前でのパーフォーマンス、中盤でのパス回しに切れがないなぁ、と感じました。相手の守備が整う前に、もっと前に突っ込んでほしかったなぁ...。
それができなかったのは、やはり相手が強すぎたのかも...。 コロンビアのカウンターには美を感じました。
やはり、「お疲れ様でした」かなぁ...。
齋藤学選手のドリブル見たかった。

2014.06.26  iZo Arts  編集

↑「0勝1敗1分けではなく、0勝2敗1分け」の間違いでした(汗)。

2014.06.26  iZo Arts  編集

iZoArtsさん、いらっしゃい。
私見極まりない記事にお付き合いいただき、まことにありがとござますw 。

どうして前を向けなかったのかは
相手の強さと、失敗に対する不安と、50:50でしょうか。
それはザッケローニ監督をはじめスタッフも含め
チーム全体に沁み込んでいたかも知れません。

それを払しょくするのは決して選手やチームだけの作業ではなく
国を挙げて、歴史を伴って作り上げていくことで完成するのかと思います。

ましてや日本は未だに野球と相撲の国だと言わざるを得ません。
当方は野球も相撲も比較的好きですが
ことサッカーに関しては、そう簡単に得られない結果なのでしょうね。

2014.06.26  7th-lab  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014ブラジルW杯における日本代表を想う

2014.06.25

category : ひとりごと

この記事は、個人の考え方に大きく左右されるであろう、あくまで個人の見識です。
この記事を読むことによって不快な思いを抱く方がいらっしゃるかも知れません。
しかし、誤解を恐れずに書き留めてみたいと思います。

ブラジルW杯において、我が日本代表はグループリーグ突破を果たせませんでした。
本日のGR3戦め、コロンビア戦で敗退が決定しました。
非常に残念な結果です。結果は変えようがなく、現実を受け止めるしかないのですが。

おそらくは「メンタルの脆弱性」と「経験不足」が招いた結果でしょう。

コートジボワール戦では「相手をリスペクトし過ぎた」というコメントもあったように
本大会前の強化試合で見せたパフォーマンスとは程遠い動き。
ギリシャ戦でも同様に、堅守を自負するチームに対して、それに寄り沿ったプレイをしてしまった
それは1戦目の敗北を完全に引きずってしまった結果であろう。
そして最終コロンビア戦には得も知れない重圧を抱えて臨むことになった訳ですから
それに打ち勝つだけのチーム力がお世辞にもあるとは言えなかったことでしょう。

これがW杯の「魔物」というヤツなのか。
それは当方にはわかりません。

スペイン、イングランド、イタリアが既に敗退。
今回の「魔物」は、どうやらどん欲に襲いかかってくるようです。
しかし、我が日本代表に襲いかかる「魔物」は、チーム内に、そして選手それぞれの心に巣食う
敗北に対する恐怖心という魔物だったような気がしています。

大舞台でのびのびとサッカーを楽しむ日本代表の姿が見たかった。
たとえ結果は今回と同じであっても、それでももっと楽しんでほしかった。

おそらく今後の様々な論評では
今回の敗因とその原因となる「戦犯探し」が始まることでしょう。
そして4年後の代表は、またそれを背負って戦うのです。恐怖で顔をこわばらせながら。
日本のみならず、世界各国でそのような動きや流れが起こるのでしょうね。
国を背負って戦うナショナルチームなのですから、当然なのかも知れませんが。

それでも、彼らは日本に帰ってくる。
そのとき、我々は彼らをどのように迎えるのか。
「よく頑張ったよ、お疲れ様」なのか
「お前ら何考えてんだ、何だよこの結果は」なのか
それとも、何事もなかったように笑ってあいさつをするのか
さて、どうなるのでしょうか。

誰一人抜きん出たパフォーマンスを見せた選手はいなかった。
当方には、彼らがピッチ上で萎縮して震えているようにしか見えませんでした。
そんな状況で良い試合ができる訳がないとさえ思えるほどでした。

彼らから、敗北に対する恐怖心を取り除いてやれるのは
彼らとともにピッチには決して立たない、我々サポーターなのかも知れません。
そんな気持ちを書き留めておきたくて記事にしました。
W杯って、もっとすばらしいイベントであるべきなんですよね。本来は。

あなたは、彼ら日本代表の帰国をどのように迎えますか? 。
スポンサーサイト

コメント

0勝1敗1分け…うーーん、残念! 1勝1敗1分けで行けそうな感じでしたが...。
ゴール前でのパーフォーマンス、中盤でのパス回しに切れがないなぁ、と感じました。相手の守備が整う前に、もっと前に突っ込んでほしかったなぁ...。
それができなかったのは、やはり相手が強すぎたのかも...。 コロンビアのカウンターには美を感じました。
やはり、「お疲れ様でした」かなぁ...。
齋藤学選手のドリブル見たかった。

2014.06.26  iZo Arts  編集

↑「0勝1敗1分けではなく、0勝2敗1分け」の間違いでした(汗)。

2014.06.26  iZo Arts  編集

iZoArtsさん、いらっしゃい。
私見極まりない記事にお付き合いいただき、まことにありがとござますw 。

どうして前を向けなかったのかは
相手の強さと、失敗に対する不安と、50:50でしょうか。
それはザッケローニ監督をはじめスタッフも含め
チーム全体に沁み込んでいたかも知れません。

それを払しょくするのは決して選手やチームだけの作業ではなく
国を挙げて、歴史を伴って作り上げていくことで完成するのかと思います。

ましてや日本は未だに野球と相撲の国だと言わざるを得ません。
当方は野球も相撲も比較的好きですが
ことサッカーに関しては、そう簡単に得られない結果なのでしょうね。

2014.06.26  7th-lab  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。