FC2ブログ

7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ななさんこんにちは!

キャンパスライフ
ザ・リリース
でこのブログ内を検索して楽曲を聴かせていただきました〜

LIVE音源の動画は録音の音質でわかりづらかったのですが、
「ドレミ」という楽曲をななさんがエレクトロにアレンジした音源を聴きましたら、声や歌詞がどんどん忍び込んできて惹かれるものがありました

バンド音源ではどのように響いてくるのか楽しみです
レコーディングは通常、ドラムの生音を録るのが難しいと思うのですが、、、(私も以前バンドで録ったことがありましたがパラで録る時のバランス、マイキングが難しく、結局ドラムの左右上に2本立てて録った音が一番よかったなどの結末になったりして1曲録るのにものすんごいかかったことがありました笑)

ともあれ、楽しみにしております!

2018.02.24  REACH_rh  編集

REACH_rhさん、いらっしゃい。
先日からお騒がせしてます。返信遅れました(汗) 。

間もなく、音源をお聴かせできる段階になります。
そちらも含めて一度アドバイス等いただきたく。
ドラムのマイキングの悩みは例に漏れず非常に苦労したので、それも含めて相談したいところです。

半狂乱状態のレコーディング、果たしてどうなりますことやら♪ 。

2018.03.01  7th-lab  編集

ライン録りですか?
彼らには良い経験になりましたね!

7th-labさんの音楽は基本打ち込みなので、こういう完全人力生バンドを録るというのは新鮮で良いですね。

ブログを拝見して、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

サックス持って彼らの音楽に乱入したい(笑)。

2018.03.18  Hiro-MTB  編集

MTB御大、いらっしゃい。
ココにコメントは随分久しぶりなんじゃないか(笑)? 。

このときはドラムのベーシックトラックを録音した。
ドラムセットに向けたMICが他の楽器の音を拾わないように、ミキサーでモニターしながらの演奏。
この後、ベースもギターもAMPを鳴らしてMICで録音という段取りです。

サックスが入るなら完全に後の録音になるんだぜ。
そしてクリックも使ってないんだぜ♪ 。

2018.03.18  7th-lab  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

勇気を出して、初めてのレコーディング♪

2018.01.31

category : ひとりごと

ザ・リリース

高知を拠点に
わかりやすい言葉とメロディ、そして直球勝負なサウンドを武器として
着々とファンを獲得しつつ継続的、安定的に活動する3ピースバンド「ザ・リリース」 。

どっかで見たことありますよね? 。
そうなんです、ついこの前まで「キャンパスライフ」という名義で活躍していました。
いつの間にバンド名変わったんだよ(苦笑) 。

実は昨年末にG.Voのボスから「キチンと音源を作りたい」という相談を受けていました。
小さなレコーダーで簡易的に録音してデモ音源を残すのではなく
自分たちで納得のいくまで演奏を音を煮詰めた音源が欲しい、という要請だったのです。

果たして当方の技術でどうにかなるものなのかどうか… 困惑もしつつ興味もあり。
ともあれやってみなくては始まらない。幾度かの打合せの後、一度やってみようと。


機材

彼らはライブの直前ということもあり、リハーサルを兼ねた練習をしてもらいつつ
とりあえずできるだけの環境で録音するべく準備を進めます。
打合せを重ねたボスはともかく、他のメンバーは初めての体験であろう状況や風景。
演奏している前でワイヤリングやセッティングでウロウロセカセカ動き回られるんですから。
そりゃ邪魔だろうし緊張もするよね(笑) 。


そして、録音が始まったらメンバーにはイヤモニを装着していただきます。
さらに、ギターとベースには椅子に座っていただきました。

いもうと
しょうくん
ちゃば

やりにくかっただろうなぁみんな(苦笑) 。
彼らはライブをこなすことで成長してきたバンドなので、椅子に座ってイヤモニなんて
ましてやさっきまでの自分のプレイがすぐに聴けるなんて想像もしなかっただろうなぁ。

いずれにしても
今回の作業は、ある意味当方にとっても挑戦だったりします。
じっくり手間と時間をかけて、彼らの音源の完成をお手伝いしようと思います。

短い時間の中でドタバタしながらでしたが、充実の空間。
引き続き、事ある毎に当ブログでもお伝えしていこうと思っています。 
果たしてどのような結末に相成りますことやら。今後ともぜひ乞うご期待♪ 。
















スポンサーサイト

コメント

ななさんこんにちは!

キャンパスライフ
ザ・リリース
でこのブログ内を検索して楽曲を聴かせていただきました〜

LIVE音源の動画は録音の音質でわかりづらかったのですが、
「ドレミ」という楽曲をななさんがエレクトロにアレンジした音源を聴きましたら、声や歌詞がどんどん忍び込んできて惹かれるものがありました

バンド音源ではどのように響いてくるのか楽しみです
レコーディングは通常、ドラムの生音を録るのが難しいと思うのですが、、、(私も以前バンドで録ったことがありましたがパラで録る時のバランス、マイキングが難しく、結局ドラムの左右上に2本立てて録った音が一番よかったなどの結末になったりして1曲録るのにものすんごいかかったことがありました笑)

ともあれ、楽しみにしております!

2018.02.24  REACH_rh  編集

REACH_rhさん、いらっしゃい。
先日からお騒がせしてます。返信遅れました(汗) 。

間もなく、音源をお聴かせできる段階になります。
そちらも含めて一度アドバイス等いただきたく。
ドラムのマイキングの悩みは例に漏れず非常に苦労したので、それも含めて相談したいところです。

半狂乱状態のレコーディング、果たしてどうなりますことやら♪ 。

2018.03.01  7th-lab  編集

ライン録りですか?
彼らには良い経験になりましたね!

7th-labさんの音楽は基本打ち込みなので、こういう完全人力生バンドを録るというのは新鮮で良いですね。

ブログを拝見して、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

サックス持って彼らの音楽に乱入したい(笑)。

2018.03.18  Hiro-MTB  編集

MTB御大、いらっしゃい。
ココにコメントは随分久しぶりなんじゃないか(笑)? 。

このときはドラムのベーシックトラックを録音した。
ドラムセットに向けたMICが他の楽器の音を拾わないように、ミキサーでモニターしながらの演奏。
この後、ベースもギターもAMPを鳴らしてMICで録音という段取りです。

サックスが入るなら完全に後の録音になるんだぜ。
そしてクリックも使ってないんだぜ♪ 。

2018.03.18  7th-lab  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。