7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

盗作疑惑…?

2010.11.03

category : ひとりごと

「 Show me your smile ~オヤジに捧げる唄」
http://www.youtube.com/watch?v=0g83yamsPeM
おかげさまで、たくさんの人々のお耳にかかり、評価していただいてます。
「いい曲だね」って言われるとやっぱ嬉しいモンですね。

ぜひ聴いてみてくださいね。


さて、最近の知り合いとのちょっとした会話の中に

「似た曲、知ってるよ」 との声。


うっそぉ… ??? 。

うっそぉ… ??? 。

うっそぉ… ??? 。



こちら なんです。
「愛は勝つ」の大ヒットで有名なシンガーソングライター、KANさんの「まゆみ」という曲。

確かに唄の出だしが… 似ています。そっくり。
さらに、この曲、ヒットしたので、7th-lab も知っている曲です。


全く気がつかんかったぜ!!


まぁ唄の出だしだけで、他の部分は似ても似つかない曲なんですが。
こういうの 盗作疑惑 って言うの? 。

ど~なんでしょうねぇ(苦笑)ご意見お待ちしておりますw 。
スポンサーサイト

コメント

No title

初コメでお邪魔します♪
いや、ぜんっぜん気付いてなかったですねぇ。(・・;)
KANさんの「まゆみ」という曲はCMで使われていた所しか知りませんでしたし。(>▽<;)

素朴な質問ですが、録りやってる時に指摘されてたり、7th-labさん自身が途中で気付いたなら、今とはアレンジ変わってたんでしょうか?

確か曲の完成型が頭の中に有ったという事だったと思うので…。
その一部分だけ変える時はどんな風にするのかな?と。         
音楽的才能が全く無いのでイメージしにくいです???

2010.11.03  cookie。  編集

No title

音楽は理論とかセオリーの中で作られており、作曲は、フレーズをつないでいくパズルのようなもの。常套句的な音符の配置と音程の高低というのは少なからず存在しますし、夢と同じで、見た、聞いた、考えたこと以外は、頭の中には出てこないことを思えば、音楽の教科書に出てくる偉人たちの時代から現在まで、既に聞いて違和感の無いフレーズは一通り出尽くしているのではないでしょうか。私たちが知らないだけで、瞬間的に似たものは世界には多く存在すると思います。音楽は無限ではなく、例えばDのコードで使える音階と♪の組み合わせは有限ですから。そう考えれば「盗作疑惑・・・?」というよりは、無意識の意識による「リスペクト」の方が近い表現のような気がします。あくまで「盗作」という言葉に対する私見ですので、他のご意見があってしかりだと思います。
「盗作=悪意と私利」「リスペクト=敬意と誠意」私の中での基準です。

2010.11.04  MOMO DON  編集

No title

>「リスペクト」の方が近い表現のような気がします。
「インスパイア」でした。(^^♪

2010.11.04  MOMO DON  編集

No title

どもです。

いやー、私も全然気が付きませんでしたね。
聴き比べたところ、確かに出だしの3音の音型は
同じですけど、あとは別物ですよね。これは
引用ですらないと思います。

これを盗作と言うならば、スターウォーズもスーパーマンも
E.T.も、J.ウィリアムズの代表作は全部アラビアのロレンス
の盗作だと言うことになりますよ(笑)。
(全部ドーソーで始まる)

私の「沢を渡る風」も槇原敬之の曲みたいだと
言われて「はて?」となったこともありますし、
こればかりは偶然としか言いようがないですよね。

MOMO DONさんも言われているように、音楽は
理論的に許される有限個の音の組み合わせで
作っているわけですから、どこかしら過去の曲に
(部分的に)似るのは有り得る事だと思います。
悪意を持って引用したのではない限り、これは
盗作とは言い難いと思いますが…?

まあ、上海万博のテーマ曲のように一致率が高すぎ
ると、偶然とは言い難いですけど。

2010.11.07  MTB  編集

No title

これは創作活動してる人なら多かれ少なかれ覚えがあると思いますが、
あるんですよね、偶然似ちゃうってこと。
創作と言っても全くのゼロからモノを作れる人間っていません。これまで見聞きして来た
ものをベースにする以上、同じものを見聞きしてきた他人と似たようなアウトプットに
なる事もあるでしょう。敢えて敬愛する作家の色に近づける時もありますし(これがリスペクトですよね)
一時期、その道で大御所とされている方々が盗作訴訟を起こすのをよく見ましたが、これはセーフだろってのも結構ありました。
上海万博のは論外ですが(笑)。

2010.11.07  DSI  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad