7th-lab 's blog

「せぶんすらぼ」です。宅録での制作やライブ等音楽活動の様子をメインにお届け。

プロフィール

7th-lab

Author:7th-lab
「せぶんすらぼ」です。
つくる幸福。
奏でる幸福。
人生はセッションさ!

http://soundcloud.com/7th-lab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

No title

ヴォーカル物をやるときの録音環境というのは、
悩みの種ですね。

声は生楽器に比べて音が大きくないので外乱の
影響を受けやすいですからねぇ。
そんな私は絶対にマイクを使わない人です(笑)。
楽器も必ずライン録音。当然ヴォーカルも無し。
もしコーラスが必要になったときは、ヴォーカロイドを
導入するときなんだろうナァ(先日のネタの続き)。

2010.11.22  MTB  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

声の録音 唄の録音(悩)。

2010.11.22

category : ひとりごと

ヴォーカルの録音時の、オケのモニターです。
最近、イヤーモニターを導入してみたいと思ってるんです。

片耳を指で塞いで唄うと、自分の声が良く聴こえます よねぇ?。
頭蓋骨が共鳴して直接鼓膜に届く らしいんですが。

ヘッドフォンを使うと、片耳塞ぎにくいからなんです。
無理に指で塞ぐと、隙間からモニター音が漏れてマイクに乗ってしまったり、初歩的な弊害もありますよね。
でも、塞がないとイマイチ唄いにくいというか、聴きづらいというか。

かといって
オケの音量を落として唄の音量を上げると
唄のピッチが高くなってしまうんです(苦)
 

こんな現象、あります?。
きっと普通は逆。唄がよく聴こえない状態で唄うと、チカラが入ってピッチ上がるんですよ。
だから、声を聴くために どうしても片耳塞ぎたい んですよねぇ。

どちらかというと、フツーでもピッチいい方じゃないから、余計に(爆)。

そのために、自由度の高いイヤーモニターを使ってみたいんです。

過去の記事で述べたように「唄を歌うことを始めたのはここ1年くらい」なんです。
それまでは、インストか、唄入りでもヴォーカルを他の方に外注するかだったので。

経験のある方、ぜひコメント欄へ情報&対策をお寄せください。
耳を塞がずに、ヘッドフォンでしっかりモニターしながら歌う方がいいのかなぁ(悩)。
スポンサーサイト

コメント

No title

ヴォーカル物をやるときの録音環境というのは、
悩みの種ですね。

声は生楽器に比べて音が大きくないので外乱の
影響を受けやすいですからねぇ。
そんな私は絶対にマイクを使わない人です(笑)。
楽器も必ずライン録音。当然ヴォーカルも無し。
もしコーラスが必要になったときは、ヴォーカロイドを
導入するときなんだろうナァ(先日のネタの続き)。

2010.11.22  MTB  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright ©7th-lab 's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。